両忘の時‐ある日、その時‐

TOP  »  メッセージ  » 104.De nouveau je ne suis pas Abe

メッセージ

104.De nouveau je ne suis pas Abe

  「アイアム ノット アベ」と明快に自己表明して「表舞台」から「消された」方がいたが、このような方が少ないということが、現在のような目も当てられぬ惨状を生むのである。自分だけはうまく立ち回れると思っている者たちも、やがて僅かな投票率の僅かばかりの獲得票で日本国民の代表のような顔している者に食い尽くされることになる。実際、こき使われるだけの奴婢、賤民の類の扱い方をされていても自尊心だけは強く、大した根拠もないのにすぐに優越感を見出す方向に自分を形作り、その姿を自分自身だと思い込む人々が日々「煮られて」いるではないか、無関心という怠惰でしかない、自堕落な人々も、愚かで力もないのに自尊心だけは人一倍という住所不定の日雇い農民「阿Q」と同様なのである。その都合のいい各自の勝手な自己醸造に支えられて「現在の惨状」がある。

 まずいものは、まずい、嘘は嘘、許されざることは許されないのである。それをしたり顔で弁明、釈明、解説、評論するのはもういい加減やめたらどうか。見苦しいだけである。

 だから、「I am not Abe」と言わざるを得ないのである。「Abe」とはもはやチンケな個人を指しているのではなく、「Abeシンドローム」というべきか、「Abe」に集約された病魔におかされた全体を指しているのである。

Donc,je ne suis pas Abe

 

                                       2019 3/2

mensonge  mensonge mensonge    tout à fait  mensonge  tout mensonge 

le soupir du mensonge  la respiration du mensonge

c'est le père du mensonge   le diable

                                                                     ーMasaru・Hirayamaー  

※le père du mensonge  =le diable

 

うそ 嘘 ウソ 全くのウソ すべては嘘

偽りのため息に 偽りのブレス

そは虚偽なる父、すなわち悪魔

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 私にとっては、言わずもがななことであるが、「I am not ABE」と書いたご本人が「多くの人が誤解しているようだが、あの紙を出したから、報ステをクビになったのではない。官邸の圧力でクビになることがわかったので、抗議の意味であの紙を出したのだ」と言っているので、この際、歪曲、誤解を避けるために敢えて付け加えておく。