両忘の時‐ある日、その時‐

TOP »  五叉路

五叉路

144.つれづれに一言で片づければ

〇「これは危険なサイトです」という表示が出ると言われれば、誰でも不愉快になりサイトのリニューアルを考えるであろう。聞けば、費用は50万円ほどかかるそうで、5年も経てばシステム自体が現状に対応できなくなるのだそうだ。それにしても暗号化ができていないという程度で「これは危険なサイトです」はないであろう。それで営業している者にとってはあたかも内容が危険なものという印象操作をされ実質的な営業妨害を被ることになるのである。要するに、アイティ産業などとは言っても、このような実質「脅し、妨害」を綺麗ごと、お為ごかしでかこつけて商売を成り立たせているのも実情であるということである。それは新しいウィルスを作っては新しい防御システムを売りつけるのと同じ構造である。私は、営業をしているわけではないのでそのまま放置してしっかり見届けるつもりである。

  どちらにしても、「これは危険なサイトです」という発信元が危険でないという保証はどこにもないのである。ヤフー、グーグルついても「これは危険なサイトです」と出てきたことがあったが、その発信元は?私には大方絞り込めているが、これはぼうっとして生きていると何をされるかわからないという一つの身近な具体例でもある。

                                  5/25

 

〇日本では、自分は「無神論」であると思っている人々でさえ、実質的には民族宗教「神道」の信者であるといえるほどそれは生活に入り込んでいて敢えて意識するレベルではないから気付かないだけなのである。「神仏習合」などといってもどこまでが仏教か不明なものも多いが、それは仏教がそれ以前からあったその土地の民族宗教すなわち神道と融合した結果であると簡単に済ませるほど単純なものでもない。仏教徒が支持基盤となるか、神道の信者を支持者にするかの権力者の謀議は常にあったであろう。「神仏習合」とは聞こえはよいが、仏教徒にも神道信者にも取り入る権力者側の折衷案がそのまま残されているということで、仏教教理と神道伝承が宗教的に融合したなどということでは全くない。そもそも八百万の神を信仰の対象とするところは日本に限らず至るところにある民間信仰でもある。それが惟神(かむながら)の道ともなれば、明確な仏教哲学とはまったく相容れないものとなる。普遍的な哲学的問いに対しても答えられない民間信仰レベルのものはどのような権力とも結びつきやすい、というよりは利用されやすいのである。全体主義国家の再興を目論む者たちにとって、それは打って付けなのである。

老婆心:仏教とは仏陀(釈迦牟尼)を開祖とする世界宗教。神道、密教、加持祈祷の類は仏教とは無縁。

                                    5/11

 

〇要するに、「歴史修正主義」などという言葉自体が、正確さを欠くのである。今までの使わられ方からすれば「歴史ねつ造」というのが妥当であろう。「歴史修正主義」などというから、そのようなスタンス、思考傾向があるように思われるが、そのようなものはない。誰が言い出したのか、欺瞞的な言語使用である。それは、ろくに検証もされず、勝手に都合よく歴史を変更することをいうのであるが、検証・批判も進めば歴史は修正されて当然であろう。ただし、「史料検証」、「史料批判」などといっても史料を絶対視すると、たとえそれが学問的であろうと陥穽にはまることになるのが実情である。史料自体が改ざんされていないという保証はどこにもないからである。それは、日々実際に我々が目の当たりにしていることでもあろう。(経済的数値までも改ざんするなど)

 昨今流行りの「〇〇はなかった」という耳目を引きやすい、出版社も喜ぶような構築主義的な見解もまた、その事実性において検証・批判が進んだというよりも単に相対的なものの提示、もしくは意図的な歪曲ということでしかないことが多いということである。売れてナンボの世界、単なるプロパガンダの世界などにどっぷり浸かっていれば尚更である。

                                     5/8

 

〇何についても「真摯に、緊張感をもって」、どちらにしてもヘラヘラとやりすごす, マリオネットかギニョールか そうかと思えば一方では、記者の当然の質問に「あなたの質問に答える必要はありません」とくる。これも前代未聞である。そして、何を話しているのかいつもの「米大統領と電話会談」、「電話会談」というより「電話相談」であろう。こちらの方は通訳付きで単語も間違いようがあるまい。

 何もかも、やった振りの大衆に媚びた騙しの印象操作ばかり、これで付いて行けば、どうなるか分かり切ったことであろうと思われるが、それが分らぬようにねつ造、改ざんが至る所に施されている。ここが、頭の正当な使い道を失った御用の衆の出番でもある。昨今では、御用の衆も雨後の筍のようで驚くばかりであるが、よく見れば、戦前復帰を本願とする集団に後押しされてようやく活路を得たような者たちばかりである。

                                     5/6

 

〇構成作家が習い性となってしまった哀れな「作家」、むしろ売文業者と言った方が的確かもしれないが、そうした金が目当ての書きなぐりを生業とする者、元々、「個」を深める作業とは縁もゆかりもなく、そこで使われる「文学的修辞」などとは単なる「目くらまし」として使われているに過ぎない。いかに時流に乗り視聴率、出版部数を上げるかが最大の関心事。いきおい、ある事ないこと事実に仕立て上げ、「やらせ」、「でっち上げ」などお構いなしの感覚になっていく。本屋も出版屋も背に腹はかえられぬとばかり店頭にそうした本を積み上げ、いかがわしい売文業者の大写しのポスターを張り付ける。つい、その面見てしまうが、やはりイカガワシサがにじみ出ている。

 

〇「ノートルダム」を「私たちの貴婦人」と訳して事足れりと思ってその気になっている日本のマスメディア、それに類する者たちのレベルの低さ、中途半端な専門バカばかりなのであろうと思われる。「役に立つ、立たない」を最大基準にしている傲慢さ故の無知から起こることである。反知性の象徴的な一端でもある。

                                     4/21

 

〇区議選前、例の杉田何某を応援演説に呼んで、高円寺駅前での一悶着、呼ぶ方も呼ぶ方でお里も知れるおこの沙汰。高円寺はまだ死んでいないなと思える意外な出来事であった。

 

〇「いっさい成り行き」(樹木希林)の本が売れているという。この題名のつけ方で彼女の生き方そのものが浮かび上がる。それは俗流「他力本願」などとはかけ離れている。(この言葉は半可通に頻繁遣われてもはや使うこと自体が反知性の証ともなっているが)、そうかと言って、もちろん「自力本願」でもない、敢えていえば「他力本願自力」ともいうべき「域」であろうか、言い換えれば自在の域でもある。ああしたい、こうしたい、あれも欲しいこれも欲しいは餓鬼の内ということである。

                                      4/18

 

〇WTOの紛争処理手続きの「最終審」は日本側の主張を退けた。もういい加減「風評被害」などという言葉で括るのはやめたほうがいい。近隣のおばさんだってそんなことはわかっている。だから、買わないのである。「政府困惑『あり得ない』」とは、まさにあり得ないことである。神がかっているのか、大ウソつきなのか、私利私欲の亡者の集団か。根本的な原因は何なのか?もう一度そこから考え直すべきであろう。どこまで日本の信用を失墜させるつもりなのか。

                                     4/13

 

〇新元号、騒いでいるのはマスメディアだけ、大方の皆さんは白々とした様子である。新元号の「令和」、「和」を命ずるとも読める。どのような「和」なのか?「和を以て貴しとなす」という「和」でもなく、「和して同ぜず」という意味合いもないようだ。「令」も気になるところである。私は仕方のないとき以外は年号は遣わないのでどちらでもよいのだが、もともと年号などというものは中国の皇帝の「時も支配する」という思想からきているもので私にはあまりなじまない上に不便なだけなのである。明快に2019年で充分である。時の権力者の思いなどを「時」に載せられてもただ重く、煩雑になるだけである。

                                    4/1

 しかし、万葉集についての知識もこの程度で仰々しく日本の文化について語るとは、取ってつけたような「日本人」である。「アベ友連」の涙ぐましい擁護もただ鼻白むだけである。

 

〇内閣府発表、〇〇省発表などのデーター、内容をそのまま信用している人がいること自体が驚きであるが、「学者」、「評論家」、「ジャーナリスト」などがそのデーターを根拠に論を展開しているのであるから話にならない。「まず、何事も疑ってみることです」とはノーベル賞学者である。批評もできないようなところに進展はなく、やがて衰退は避けられまい。実際、その実例は枚挙にいとまがないのである。

                                     3/29

 

〇テレビのディレクター、演出家、プロデューサーなどというものは、安吾を登場させるまでもなく、時流にいかにして乗るかが最大の関心事であって、実のところそれ以外には内容的に何もないと言ってよいだろう。そのことについては今もまったく変わることはない。逆に何もないことを逆手にとって商売にしているともいえる。だから、いつの間にかそれこそ「健全に」」戦争のプロパガンにもなってしまうのである。彼らには責任などという言葉すら存在しない。そのような在り方を選んでいる者たちなのである。その点では今の政治屋諸君とまったく相似形である。実際、海外のテレビドラマなどと比較すればその差は歴然としている。どれもこれも対象年齢は10歳程度としか思えないものばかり、日本には子供番組と子供ニュースしかないのかとさえ思える時がある。だからいつまでたってもどこまでも幼稚なのである。

 最近の報道と名の付くものの中には、「アホノミックス」同様、「アホウドウ」と言ったほうがよさそうなものが多い。ア報道は報道ではない。「報道番組と名乗るのをやめるべし」と女性ジャーナリストが激怒するのも当たり前であろう。

                                   3/26

 

〇「三本の矢」云々については、当初からこのサイトではその怪しげな領域を指摘していたので、どこぞのコピーライターのような「ジャーナリスト」、「評論家」、御用の筋の「学者」などがまことしやかにお題目のように唱えるその内容には笑止、辟易の繰り返しであった。そもそも三本の矢を持って的に向かうなど名人の域いるものだけである。その器量もないものにはまったく無理なのである。兼好法師でなくとも、「この一矢に定べし」という気概がなくては、矢はすべて的のない矢に等しい。現状は案の定というより他に言いようがあるまい。しかし、この程度の「大衆好み」の漫画ゲーム的比喩に引き込まれているようでは漫画的に崩れ去るのも当然なのである。その譬え、毛利何某の三本の矢であったにしても的外れも甚だしい。

 わかったようなわからないような類型的なコンセプトを泥団子をこね回すごとくに手を変え品を変え作り出す者とは、山師以外にはない。

 国会で、質問に対して「この場で申し上げることではない」と言う者、要するに国民は知る必要がないと言っているのである。無恥と無知と驕りがここまで重なると、それはただ単に不気味な「得体の知れぬ『もの』」となる。完全に「人間の境涯」から外れている。

                                    3/24

                                  

 

〇昨今売れる本といえば、「金運」、「強運」、「占い」、「金をもうける方法」、「ダイエット」、時代のキーワードを扱った「雑文」の類のようである。これでは文化云々どころか、何が起こっても唯々諾々と従う「民」ばかりが増殖するだけですべてにおいて展開、発展の余地は全くあるまい。明確な問題提起もなされないまま、問題が問題として浮かび上がりようもないからである。

 

〇一時、極めて頭脳明晰であったものが、ある時から凡夫以下のていたらくとなる。よくあることである。その原因の多くは、否、すべてといってもいいだろう。自己増殖させてしまった欲望である。さらに、亡者に至っては前頭葉は完全に機能不全状態である。このような人々を縁なき衆生というのであるが、救いがたき人間ばかりを増やしていては衰退、滅亡は避けられない。前頭葉機能不全状態の者の言語はすべてその場限りの場当たり的言語であるということである。

                                     3/3

 

〇ある御仁について、「サイコパス」ではなく「自己愛型人格障害」などと「分析」していた「専門家」がいたが、だから、人物の捉え方が常に平面的になるのである。たとえ、「自己愛的人格障害」であったとしても、それはいつでも「サイコパス」にも成り得るのである。そもそもそのような線引き、分類にどれほどの意味があるのか。あるとすれば、平面的に浮かび上がったものを頼りにするしかない領域での浅薄な人格定義である。

                                     2/25

 

〇昨今はまた、子供食らうというサトゥルヌスが頻繁に出没しているようだ。子供の受難の時代のようで痛々しい。躾(しつけ)?この字が読めない者は中高年にもいるようであるが、躾などは「親にもなり切れていない」者などには全く無理で、いわんやそのような者たちが躾と称して体罰などもってのほかである。サトゥルヌスのいる部屋に子供を投げ入れるようなものである。

 

                                       2/23

〇Bye-bye happiness  Hello loneliness・・  じゃないな、Good-bye happiness Hello darkness かロンリネス イン ザ ダーク。しかし、ここまで健全にダークサイドが跋扈(ばっこ)しているのは卦体(けたい)である。ダークサイドの妙に明るい「音」ばかりに気を取られて、その本体の拡大に気付いていないとかなり危険であろう。

 戦後民主主義の総決算がこれではあまりにも無残であるが、必然的な流れでもある。すでに早い時期から民主主義なるものは文字通り形骸化していて、脳死状態のまま延命治療を行っていただけと言った方が適切なのであろう。だから、今その形骸化した民主主義の息の根を止め、新たな出発を装った全体主義の再建が何か途方もなく新鮮に見えるのであろうが、それは陳腐な取り返しのつかない大きな誤りである。

 偽りの人ほど希望に満ちた明るいこと、お為ごかしを言うものである。暗い夜道で根も葉もない明日のことを砂糖と塩にまぶして喋られても、それに耳を傾けていればつまづくか転落するしかあるまい。今必要なのは、明日を語ることではない、今日を、今日を「実現した」一連の過去の事象を見据えることである。今までのことも責任を取れない者たちがどうやって未来に責任を取るというのか。「絶対に」あり得ないことを平然と言えるということは、神経障害、精神の病の類としかいいようがない。

                                      2/14

〇「統計の不正」、これではまったくお話にならない。国の根幹も揺らぐようなことをやっているのである。徹底的な追及を望む。逃げ切れると思っている御仁には敢えて言う。政治においては、「推定無罪」は判断の考慮に入れる必要はない。「推定」は有罪なのである。それは「権力」の強度に比例して「確定」となる。要するに、知らぬ存ぜぬでは済まされぬ「位置」にいるのである。法的には逃げ切れても「許されざる者」であることに微塵の疑義もない。

                                                                                                                                       2/9

〇「親権」を見直すのは当然であろう。そもそも「親」などには誰でもなれるのであるが「親になる」にはそれなりの「知性」、「愛情」も必要である。「愛情」が「知性」を凌駕することもあるが、「しつけ」には「知性」の裏付けないととんでもないことになる。「親である」ことにふんぞり返っているような親の「親権」などは見直されて当たり前で、子供を社会全体で育てるという意識も必要であろう。少子化対策などと言っていながら、必要なところには金を出し渋る「者たち」はそのあたりでもビクついているのであろうが。

 

〇「あのお方は国会というところで、とうとう現人神になったそうじゃ」、「そりゃまた、えらいこちゃな」、「いやはやどうなることやら、登りつめても先があるまいにのー」・・・・・

「森羅万象を担当する者」が、まともに質問にも答えられず、誤用と謝罪だけでは、先のあるなしの問題でもない。しっかり大地に立ってもいられず、そばに立っていた「朽木」に飛び乗り、上り始めたというのが実情であろう。後は美辞と巧言で粉飾するしか手はないのである。実際、見ているとそれだけである。

                                       2/6

 

〇美容クリニックの何某が、「ナチスにも功罪がある」と言う、これまた恐れ入り谷の鬼子母神。さらに「自分は他人のいいところしか見ないようにしている」とくるから始末に負えない。それなら、他人に対する一言居士風なつまらぬ説教、悪口雑言の類はやめたらどうか。要するに、ネットなどに溢れている根幹部分の検証吟味があまい、したり顔のコピペ人間となんら変わることはない。こんなことは敢えて取り上げることもないことではあるが。バカでかい声なのでつい。

 

〇「この道しかない」?飽くまで「自分にとって」この道しかないのである。これは全体主義国家建設の宣言でもあろう。こんな御仁の「思い込み」でしかないものに付いて行くわけにはいくまい。少なくとも民主主義「信奉者」にとっては。しかし、全体主義国家の前段階では常に民主主義的体裁を取るのが常である。したがって、民主主義「信奉者」がいつの間にか全体主義「信奉者」に移行しているのである。際限なき検証に耐えられない単なる「信奉者」だけでは民主主義は機能しなくなるのは当然である。甘い汁をちらつかせながら欲望と不安を増殖させることで検証の手を止めさせる、そこに「この道しかない」という「前段階」は何気なく作り出される。

 

〇キャッシュレス、すべてにおいて最悪である。これで便利になったなどと思っていると、やがてそのシステム自体が必然的に持っている負の側面にからめ取られることになる。マイナンバーにも懲りず、丸裸にされてそれでも足りぬとばかりに五臓六腑をさらす。本当に「個」というものを大切にせず、おろそかにする人々である。やはり「個」のない全体主義が一番似合いなのかもしれない。

                                      2/4

 

〇親し気なお兄ちゃん風の若者に、したり顔で確信犯的目くら蛇のような内容を開陳されるとこちらが気恥ずかしくなってくるが、これがユーチューブ辺りで人気があるらしい。要注意の一つの典型でもあろう。こんな皮相的な「見解」に巻き込まれているようでは先は見えている。

                                                                                                                                              2/1

 

〇数年ぶりに渋谷に出て、そのさらなる衰退ぶりを肌で感じた。スクランブル交差点での大音量、何を言っているのかも不明な言葉と、何の音楽かもわからないような音が90デシベルほどで四方で炸裂している。この街ももう完全に終わっているのだろう。要するに、すべてがイカレテいるのである。気分直しに、老舗の蕎麦屋に入れば頼んでもいないものの料金まで請求される始末。大丈夫か?ほんとうに。これは渋谷に限らず、一事が万事で、後は推して知るべしである。足元も見ずして、というより足元を見えなくさせられてオリンピックなどと浮かれていれば、闇は確実に拡大し、その闇に真っ先に飲み込まれるのは弱者である庶民一般である。経済効果?誰のための?このいかれる浮かれ具合、暗黒の序曲ともいえる。

 

                                    2019 1/31

143.つれづれに一言で片づければー33件ー(353件)

〇日露「怪談」?・・・胸襟を 開いてフェイク 切りもなし  フェイク仕込みが フェイクフェイクと かまびすし 会談も 階段外され 怪談話 八雲もコケる 全身フェイクで悪霊さえも寄り付かず・・・張りぼてが 札びら切って 涼しげに 何かあるやと 思わせる・・これほど何もないのもただチンケ・・見れば、飛び散る血税大地を血に染めて・・・・見殺し、棄民も後を絶たず・・

 

〇何でもありの政権とは、すなわち、どんな卑劣な手段であっても使うということである。実際そのようなことを「やってきた」のである。それに対して型にはまったような「まともな」批判などはまったく意味をなさない。あらゆることを想定した自在な批判がなされなければ意味も効果もまったくない。「悪の限りを尽くしている者」などには自由自在な批判が一番効果がある。批判が正鵠を得ていればいるほど、今度は相手を「頭のオカシイ」狂人、「裏事情」を知らぬ無知のヤカラに仕立て上げることに躍起となる。最近の日韓事情も、私は凍てつくほど冷静に見ている。「レーダー照射問題」など、これで誰がほくそ笑むのか。それを追ってみてはどうか?それからの話である。賢明な諸氏にはすでに見えていることであろう。歴史上の権力者(側)の許されざる行為は推定が成り立てば「有罪」なのである。「無罪の推定」など権力者(側)に当てはめても無意味、たとえ本当に知らなくても知らぬ存ぜぬでは通らない「位置」にいるのである。その罪の償いは、やがて当該関係者のみならず同時代人にも否応なく課せられるということである。

 北朝鮮が頻繁にミサイルを打ち上げていた時に、ミサイルの弾頭にサリンを入れていると自ら騒いでいたのはどなた様でしたか?第二次大戦中、鬼畜米英で彼らは血を飲むなどと触れ回り人々の恐怖を煽った者たち、それを真に受けワインの味も知らずに死に追い立てられていった人々、やっていることは相も変わらず稚拙にして同質。言っておくが、厚労省しかり、防衛省も同様、やっていること言っていることをそのまま鵜呑みにして信用していると、目隠したまま絶壁から突き落とされることにもなる。要するに、すべてに厳密なチェックが必要だということである。肝心なことは、決して感情的にならず(これが彼らの狙い)、まずは挑発に乗らず飽くまで静観することである。

                                       1/24

 〇テレビで唯一見るべきものといえば、「生活の知恵」風の類のものであると,3、4年前にもこのサイトで言ったことではあるが、今、あらためてそう思っている。先日見たものの中には日々の生きる知恵が詰まっていた。実に参考になった。それ以外の「テレビ枠内」(?)の「与太話」のようなものに付き合っている時間はない。

 

〇平成の終焉と新たな元号までの「カウントダウン」、これで何を区切ろうというのか、何か意味があるのか、昭和から平成そして新たな元号に変わることで何かが変わるわけでも新たな変化が生じる訳でもない。昭和を、平成を「抒情たっぷりに」振り返ったところで無意味であろう。そのような視点では何も見えてこないし、実は何もないに等しい。時の流れを、すなわち歴史はそのような「区分」とはまったく無関係に間断なく継続しているだけである。したがって、「昭和の時代」などというのも、「平成という時代」なども存在するわけではない。「さらば平成」などという地点などあるはずもなく、それは「懐かしむ昭和」などというような「昭和」そのものが幻想でしかないのと同様に無意味である。そして、それは修辞としても低級である。なぜなら、歴史の真っただ中にいる人間が「さらば」などと言える「位置」さえもなく、もちろん懐かしんでいられるはずもないからである。われわれは歴史の真っただ中を生きるより他に手立てはないのである。それは意識するしないにかかわらずで、認識論の問題ではない、存在論的な問題なのである。要するに、あなたはどこにいるのか?私はどこにいるのか?ということである。「自分は何者なのか」などと空疎な柄にもない大言壮語を吐くより先に、自分が今どこの、どの位置にいるのかを明確にさせるべきなのである。そこから自ずと見えてくるものがあるはずである。

                              2019 1/22

 〇高知の内閣支持率26%、これは何も高知に限ったことではあるまい。全国の実態をよく表している数値でもある。そもそも、いまだに支持率が40%台を維持していること自体が不可解、不可思議、薄気味悪いのである。実情は「明治以降最悪の政権」でもある。これ以上の「降下点」はもはや地上にはないというところまできている。すべてが数年前から私の警告している通りになっている。

                                     1/20

 後日、FNNの世論調査の結果が発表されていたが、これは世論調査といえる代物ではあるまい。

〇ゲームは抵抗なく兵隊を作り上げるための巧妙なマインドコントロールの一つでもある。ただ、やりすぎると脳萎縮まで生じ、「まともな兵隊」としても使えるかどうか。要するに、アヘンと変わるところはないということである。「人間やめますかゲームやめますか」というところであろう。最近でも、バイクの学生に追突し、死亡させ、「はい、終わり」と言った40歳代の男、この男の頭の中は「ゲームオーバー」だけである。この男の頭はみごとに「やられている」といってもいいだろう。40過ぎて漫画とゲームと酒、ばくちでは前頭葉は萎縮してカバの脳みそと変わるところはあるまい。最近、やたらと「戦闘もの」が多いのもマインドコントロールの一環であろう。これでカバがその気になれば目も当てられない。

                                    1/19

〇実際、百田尚樹などは噴飯作家と呼ぶのが一番似つかわしいのであろう。年末、適菜収が安倍晋三のツイートを見て、飲みかけの味噌汁を噴き出してしまったそうだ。そこには百田の「日本国紀」が紹介されていたそうである。要するに、噴飯ものを平然ともっともらしく書き連ねる者を噴飯作家というのである。私には、山師が作家を気取っているだけとしか思われないのである。困ったことにどう見ても読者の対象年齢は13歳から18歳程度であることである。それは歴史修正主義者などのプロパガンダが狙う年齢層でもあり、そのレベルで止まってしまった「B層」でもある。

 山師が政治家を気取り、作家を気取り、ジャーナリスト、タレントを気取る。「気取り」と「振り」ばかりでは文字通り話にならないのである。その上、何のための学問かと思われるような御用学者ばかりでは先が思いやられるということである。

                                  1/13

 

〇問題は山積し、一つとしてまともに片付いた問題はないというのに適切な「批判」はまるで全体主義国家のように影をひそめてしまった。全体主義国家であるならさもありなん、民主主義国家としては異常である。さらに1%の私利私欲でしかない「大義」をもって憲法をいじくり回すその姿勢そのものも一事が万事である。

 

〇「嘘つきは戦争の始まり」、「嘘になれるな、嘘をやめろ」、「嘘は敵」等々、宝島社の発信は正道である。これは他人事ではない。まず自分にウソをつくなということでもある。これに対して、矛先をすり替え、怪しげな方向に誘導する変な集団もいるようだが何もかもが幼稚、というより精神病理が扱う領域にいる者としかいいようがない。自分にも嘘をつき、他人にも平然と嘘をつき、嘘を嘘と思わない、思えない者をサイコパスと言っていたが、サイコパスとはもはや「人間の境涯」にはいない者のことであるということは明確に押さえておく必要があろう。

 

〇一から十まで「ごまかし」、この人間(たち)には「事実が」存在しないのである。「あったこと」も「ないこと」にする、「ないこと」もあったかのごとくねつ造する。この一点だけでも非民主、反民主政治なのである。

                                                                                                            2019  1/6

 

〇「わが友、三島由紀夫」等々、三島由紀夫の名前を出した本でまともな本はまずない。売れ線狙いと自己の「恰好付け」が主で、もっとも「格付け」になるかどうか別問題だが、著者の軽薄さだけが浮かび上がるのはなぜか。

 

〇「頭の中身はおが屑だが、彼には何者かがついている」、よく聞かされることでもあるが、「ついている」というのは単に後ろ盾となっているのか、取り付いているのか、後ろで操っているのかによっても微妙に違ってくる。「おが屑頭」と相性のいいのは果たしてどれか?

 

〇毎年の帰省ラッシュ、実質的に都心部にはこれだけ「出稼ぎ労働者」がいるということ改めて感じる時でもある。もっとも当人には「出稼ぎ労働者」などという意識はないであろう。「帰省ラッシュ」、聞こえはいいが実際は出稼ぎ労働者の大移動なのである。

 

〇マトリックスそのものに致命的欠陥がある。

 

〇ローラなどの沖縄基地問題の発言について、「政治的知識もない者が不用意に発言すべきではない」というようなものがあったが、驚き呆れひっくり返ってしまった。このようなことがまことしやかに言い得てしまう者とは一体何者なのか?「政治的知識」?政治家ですら危ぶまれる知識である。いわんや大方の国民にあるはずがあるまい。要するに、これは「国民は余計なことは言わずに黙っていろ」と言っているのである。こんなことを許していたらとんでもないことになるぞ。

 わずかこれだけのことで、すぐに馬脚、馬体までもあらわす御仁の多いこと。美容クリニック屋のオヤジなどもその一例であって、本来なら何の関係もあるまいが、何らかと関係しているのであろう。それもすでに周知のことではある。

×大王製紙の前会長が「スポンサーとしては迷惑」などと言っているそうだが、この大王製紙も会社として襟を正さなくはならない筆頭格であろう。他人を説教している場合か、「芸能人である前に社会人、社会人として発言することに関してとやかく言う筋合いではない」くらいなことが言えないのか。これもお里が知れる典型である。総じて、「お前が言うか?」のオンパレードである。

 

〇六本木などでフェラーリ見かけて羨望のまなざしを向ける者などは今や皆無であろう。信号待ちをしている人々からもれる呟きは「恥ずかしくないのかね」、「どこのバカか知らねーが」程度のものである。

 

〇兵器の爆買い、米政府に対する上納金の類である。如何せん、この上納金がないと成り立たない「政府」なのである。だから、兵器そのものの性能などどうでもいいのである。何千億円も豚、鶏、牛を買うわけにはいくまい。しかし、飽くまで買うものは兵器で、使ったら一巻の終わりということである。平和ボケしたタカ派と一緒になっていたら、それ以後の復興の余地はまったくない。

 

〇日本、日本人そのものと、「現日本政府」と分けて考えないと危うい方向に誘導されてしまうことになる。マスメディアもいつの間にか「日本」「日本人」と「現日本政府」を混同させているがもう少しきちんと分けるべきであろう。「日本に抗議する」ことと「日本政府に抗議している」ことを明確に使い分ける必要がある。それは他国についても同様で「アメリカ政府に抗議する」、「韓国政府に抗議する」等々、が実質的にも適切である。アメリカ、アメリカ人、韓国、韓国人そのもの、全般が一律にそうであるということにはならないからである。

                                        12/27

〇クジラが日本の(食)文化? 寿司、天婦羅などは食文化としても納得できるが、鯨肉そのものがそこまで「本来的」に求められて日本人そのものに浸透しているとはとても思えない。文化というものについて、身近なもので例を挙げれば、紙幣である。日本の紙幣と諸外国の紙幣の作りなどを比べれば一目瞭然。このような何気ないところに見事に集約されているものがその国の文化でもある。文化レベルはもともと高いにもかかわらずそのことに気が付かない、むしろ貶めているのが現在の状態でもある。そうかと言って、取ってつけたような安易な「日本精神」の類などから派生した空疎なものの再興など夢見たところで、それは「退行」としか言いようがないのである。

 

〇年の瀬も押し迫る中、汚い芸人、タレントなどの笑い顔など見ていても始まらない。これでは全感覚がマヒするのも無理はない。これで一番喜ぶのは危うい政治屋さんたちであろう。

 

〇表では「ハローハピネス」などと言いながら、原発に手を出す。できれば軍需産業に手を出したくてウズウズしている企業がどれだけあることか。

 

〇「ライフル協会」、「国境に壁を作る会?」、「壁屋」などが支持基盤の「ジョーカー」は今、ホワイトハウスで一人嘆きのツイートをしているようだ。「独裁政治」がお好きな日本なら、すぐに「よじれ」、「ねじれ」などと「乗せられた」マスメディアが騒ぎ出し、それにまた「乗せられた」民が無自覚にその「受け売り」を自分の意見のごとく得意げに触れまわる。

                                    12/24

 

〇ハズキルーペのCMを見るたびに買う気が失せる。このセンスはズレている。男女格差についても、やはり男女平等ランキング149か国中110位、G7主要7か国中最下位。この感性では当然である。文化レベルもこの程度だと思ってまず間違いはない。

 

〇辺野古米軍新基地問題について、私の世界などからはまったく縁もなかったも「ローラ」、「りゅうちぇる」の行動は彼らを見直す契機となった。安室なども同様である。ウーマン村本については以前からこのサイトでも取り上げてるので当然の行為であると思っている。彼らの意思表示、行動についてカビ臭い講釈をして、あたかもそれが一般常識のごとく言う者もいるようだが、それはもはや常識でも何でもない世界の非常識そのもので、その是非についてもやがてわかることであろうが、それを待っている訳にはいかないのが現状の問題である。彼らの「感覚」は、素直でまったく正常である。それで充分なのである。したり顔の専門筋のもっともらしい作られた「見解」などに惑わされることはない。もし無責任な専門筋の意見にも「理」を感じれば彼ら自身がまた素直に反応するであろう。それをコントロールされていることすら無自覚な者が知った風なことを言ってもお里が知れるだけである。

 このことについてもまた、「カエルの楽園」などというジョージ・オーウェルの「動物農場」を都合よく我田引水して焼き直した、オーウェルの本意とはまったく乖離する方向に持って行った駄本の登場人物の「ローラ」を引き合いに出し、本の宣伝をするという商魂たくましい出版屋の安手のコピーのような言説も目にしたが、吐き気がした。オーウェルが見据えていたものは、右翼、左翼などという次元の問題ではなく「権力機構」が具体的に作用する場合に必然的に生じる問題である。「権力」というものは、どのような思想と結びついていようが「時間の経過」とともに権力者に腐敗と堕落を生じさせるということなのである。

 因みに、何かと言えば、「左傾化」、「左翼化」とかまびすしい者たちも実はまったく同様で、彼らの存在自体がすでにファシズム、全体主義にからめとられているのである。「動物農場」は、一見「社会主義的ファシズムを痛撃」しているように見えるが、実は、右も左も同様で、ファシズムに陥る経過、状態そのものを痛撃しているということである。

また、長くなってしまった。「一言で片づけよう」

「ぼーっと生きているんじゃねーよ!」

                                 2018 12/21

 

〇例えば、アガサクリスティ、「一言で片づけろ」と言うのであれば、手練れではあるが底が浅いということになる。

 

〇タブロイド紙を見ていると、伊集院何某という作家が何やら道学者先生のようなことを開陳していたが、この御仁の本も今まで読んだことがなかったが、今後も読むことはないであろう。そもそも作家とは何か?踏ん反り返ってトリビアなことを言い始めたら作家などというものは「山師」と変わるところはない。直木賞、芥川賞なども何のメルクマークにもならなくなって久しいが、折に触れてその確証を得ることばかりである。

                                      12/15

 

〇ウーマンラッシュアワー大いに結構。まともに時事ネタも扱えない、楽屋落ちのような芸能界のゴシップネタを得意げにやるしかない自堕落なお笑い芸人互助会集団よりどれだけましか。「タブーの政治ネタ」?誰がいつからタブーにしたのか?コロンビアトップライトは政治社会風刺の漫才で、ある時代の漫才を築き上げたではないか。「時事ネタ、政治ネタの方が簡単、邪道」であるかのようなことを言う者もいるようだが、それは嘘で自分ができないこと、避けているいることの言い訳である。要するにずる賢いだけなのである。アベ友芸人に象徴されるように長い物には巻かれろ、結局のところ、強者に対しては何があってもホンネは吐かない男芸者、弱者に対しては、ホンネとばかりに「イジリ」と称した「いじめ」で銭を稼ぐしかないのである。無難で安易な稼ぎ方である。

                                    12/12

 

〇米国ではとても使い物にならないであろうと思われるK・Gという弁護士が日本で「自虐史観と憲法改正」などと題して、自民党系のB層に向けて日々「洗脳活動」に勤しんでいるようだが、発信している内容は相変わらずめちゃくちゃである。何を言っても自由だがここまで歪曲して、非論理的、かつ法学的にもあり得ないことを平然とまくし立てる神経は異常である。無能無才の食い詰め者のあがきが、このような言動に走らせ、それを利用する者がいるということなのでもあろう。当然、金の流れは周知のとおりである。しかし、このようなお里も知れる低レベルな外国人に自国の憲法について諭されてありがたがる日本人とは一体何者なのか。

※K・G:名前も出したくないので出さないが、軽いノリで今でもタレント活動もしているようである。その軽いノリも要注意である。やっていることは大衆扇動者、大衆洗脳者といったところである。注意深く観察すればすぐにわかること。顔も年とともに醜悪さが増している。 

                                    12/11

 

〇アメリカ大統領パパ・ブッシュは生前、自分の大きな失敗は息子を大統領にしたことだと言っていたそうである。その通りだと微笑んでいるのが大方の良識ある人々であろう。日本においては、取り返しのつかない失敗作ばかりで、一例も成功例がない。さらに、自分の息子に対して「失敗」と明確に断言できる器量さえ持ち合わせてはいまい。

〇「ソフトバンク通信障害」、「オール電化」と同様、便利だからと選択肢のない状態にすれば、混乱は致命的な結果をもたらす。何でも一つのものだけに集中させ、それに頼ればこの通りである。今後を見る上で、ひとつの象徴的な出来事である。

                                   12/7    

〇「外国人実習生」という美名の奴隷。2015年から2015年の3年間で※69名が死んでいるということである。それに対してそのような実情は「何も知らず」、「入管法改正案」を通してもらえれば省令で対応したいとの答弁。またぞろ答弁である。「外国人研修生」、巧妙になっているだけで実質的に「徴用工」と何ら変わるところはあるまい。「現代版徴用工」である。労働力が足りない?もっともらしいがそれだけでは決してない。そこには、「夢よもう一度」というIQの足りない政官財複合体の、亡者たちのたくらみが隠されている。その「夢」と一般国民の「夢」が合致することは地球が逆転でもしない限りあり得ないのである。

 ※自殺、殺害も含まれるがその原因、背景、責任の所在も不明ということである。2017年には7000以上が失踪。

※「入管法改正案」、「水道法改正案」など、またあの学者としては三流の御用経済学者の竹中平蔵が暗躍している。しかし、こんな教授に学生は何を教わっているのか、どちらにしてもまともな者にはなるまい。せいぜい無能の証に過ぎないコストカッターとして身を立てるくらいであろうか。

                                                                                                                                        12/6

〇山手線内に米軍基地ができたのかと思わせるような新駅の名称、「高輪ゲートウェイ」。最初は高輪ゲートボール」かとも思ったが、どちらにしても良いイメージはない。JRも人々に愛されないはずである。名称を公募したにもかかわらず、1位の名称「高輪」ではなく120位の「高輪ゲートウェイ」にする。なぜ人々の意思に反したことをするのか?「駅名選定委員会」のメンバーは?センスも感性も最悪である。どこを切っても同じ醜悪な顔が出てくる。

                                                                                                                                        12/5

〇ナンバーワンよりオンリーワンという内容のヒット曲があったが、オンリーワンを真っ向から否定していくのが今の政府の方向であることは知っておくべきであろう。

142.役員報酬のトップ5 ?

 コストカッターのカルロス・ゴーンが(彼についてのそれ以外の補足説明は一切不要)、世界レベルで言えば自分の役員報酬は基準以下などと言っているようだが、そこで出された役員報酬の世界のトップ5、何百億単位の役員報酬とその職業を見るとやはり山師の類である。民間には山師類もさぞかし多いことであろうが、そんなことより税金を使ってやりたい放題の詐欺師グループの方をマスメディアは追及すべきなのである。会長だの役員だのと世間的美名の内実は、要するに情け容赦のないコストカッター、リストラクチャリングの名の下に行われる単なる首切り作業を効率よく進めることができる者とうことで、総じて山師ということで括れる者たちのことでもある。しかし、顔が悪すぎる(顔だけではないが)、やはりすべては顔に出るものなのであろう。充分なリテラシーがあれば微笑みに隠された残忍さも、そのフェイスから読み解けるはずである。そうでなければ思考回路自体にバグが増殖しているのである。しかし、一方ではバグの増殖は顔から醜悪さを消し去ってくれることもある。すなわち、嘘を嘘と思わない、思えないように自己を再構築することでバグが空けた空白を埋め合わせるのであるが、それはやはりそのこと自体が異常なので、バグが増殖している限り決定的崩壊はやがてくるということである。

 世間は、陰謀政治家と山師に恋焦がれているのであろうとも思われる。

 オメデタさ 極まりなきか 諸人の相 

 

                                  2018 11/25

141.還暦を過ぎてなお

 還暦をとうに過ぎた友人から、久しぶりに手紙をもらった。その中に、「ずいずいと悲しみ来れば一匹のとんぼのように本屋に入る」という安藤美保の歌に涙したということが書かれてあった。私はその素直な心情吐露が何か嬉しかった。還暦を過ぎてなおみずみずしいその感性に共感したのである。こういう方がまだいたのである。彼の生き方そのものがそのような瞬間の哀惜の念によって支えられていたのであろうと思われる。すばらしいという意味で「若い」。

 そういえば、私も三高寮歌「琵琶湖周航の歌」、小口太郎が20歳の時に作詞した歌に涙したこともある。彼は26歳で自殺している。

 

                                 2018 11/18

140.つれづれに一言で片づければ ー20件ー(320件)

 〇やはり、パリにはいろんな意味でいい悪いは別にして「活力」がある。それに比してご当地東京、日本全国といってもよかろう、その実情は何があっても去勢されたように大方が無反応、隷属隷従が「生きる道」とばかりに日々追われるばかり、若者もただ思うことは「就活」のこと、その後も案の定、作り笑いと馬鹿笑いと貧相な「遊び」に明け暮れて、あたら命の空ぶかし、やがて「終活」を迎え、「棄民である」ことの実情を思い知ることになる。いざとなれば、大方の者は打ち捨てられる棄民であるというのが実情。盲従、隷従の挙句は棄民なのである。幻想、妄想、思い込みが隷属の民の支えである。

 因みに、パリの「燃料税反対」は「暴徒化」という言葉だけが踊っているが、気になるのはそれと同時に「展望がない」などという言葉で括るということである。あたかも、反対表明に展望がないと無意味のような錯覚を与えるが、現在問題になっていることについての反対の意思表示で充分であろう。「展望がない」、あるいは開き直って「対案を出せ」などと言うのも言う方の無能の証にしかならないのである。

後日、ご丁寧に日本では消費税増税などでもデモが大々的に起こらないことについて分析している方がいたが、飽くまで一理あるということにとどまる。やはり根幹の領域で「民主」という意味もわからず、自覚もないということなのである。目の見えぬ「民」ばかりではが「民主」にはなりえないであろう。目の見える「民」、すなわち自己の生存がどのように壊されていくかを直感的に、具体的に、知っている人々である。そこでは「現日本」「現政府」が行っているような詐術はまったく通用しない。毎年何万人も自殺者を出している日本、その自殺者は、パリであればそのままデモの規模にもつながってくるであろうと思われる。すべてを自分の責任としてしか考えられないように仕組まれたその罠に気付かなければなるまい。自分の問題と同時に社会の問題も現前とあることを忘れてしまっては、亡者たちの思う壺なのである。

                                    +12/15

〇千利休の死なども権力に近づく者の宿命であると思っている。「侘(わび)茶を完成した者」といわれているが、そのような美意識、精神の在り様を目指す者がなぜ権力に近づくのか、いかなる理由を挙げても解せぬと同時にその危うさ、いかがわしさは払拭できない。

〇何かといえば「粛々と進める」、よく見れば「陰でこそこそと進める」というのが一番適切であろう。

〇アベ友評論家、アベ友作家、アベ友学者、アベ友ジャーナリスト、アベ友裁判官、アベ友芸人、この限りなき悪の連鎖。ここまでくると「アベ友」、「アベチルドレン」などとのんきな括り方で済まされる問題ではない。明確なコンセプトを有する。ありとあらゆるものの私物化である。それは民主政治なるものから完全に乖離する方向である。言って見れば、メフィストフェレスの契約、すなわち「悪魔との契約」である。時代の変遷によっては、悪魔は往々にしてこのような実質的に空疎なつまらぬ、傲慢な者に巣くうものでもある。「悪魔」にとって都合がよいからである。その結果はすでに出ている。全世界に恥の上塗りを見透かされていても、それでもなおわが身が見えぬかのように繰り返される愚行。少なくともこの様「B層」にも見えぬまい。この「アベ」も完全にガラになるまで搾り取られるであろう。やがてその付はすべて国民に回されるのである。第二次大戦後、アメリカがイタリアでファシスト政権に壊滅させられたマフィアを逆に利用したように日本をマフィア化した方がアメリカには都合がよいというだけに過ぎない。これだけ「右傾化している」などという割には実のところ本当の右翼など皆無であろう。その証拠に、これ程の「謀反」に「天誅」など為すものがいないということである。それが見えないのであれば、やはりすべてにおいてリテラシーの劣化、IQの致命的低下ということで、それこそ話にもならない。要するに、何をしているか、何をされているかがまったくわかっていないのである。

                                     11/30ー

〇何が起こっても、減給と謝罪、それで済むのかと思われること頻りある。潔く辞めたらどうか。

〇大阪万博、経済波及効果2兆円、一体誰が儲かるのか?それもまた言わずと知れた官民入り乱れての山師たちである。一般庶民は無関係、あっても雀の涙ほど、やがてぼったくりの憂き目を見ることになる。オメデタイ限りである。そもそも、「仮定のことについては何も言えない」と断言する者たちが経済波及効果の試算などよくできるなと思われるが、実態は捕らぬ狸の皮算用といったところであろう。「ripple」に乗せられ踊るアホ―に見るアホ―、宴が済めば赤字が出たと社会保障は削られて、消費税はまたアップ。黒字だ、赤字だなどと「ripple」を追って出てくる変動数値など不明であろう。「遅いは早い、早いは遅い」、「平和は戦争、戦争は平和」、こんな相場師ような者たちにいつまでも関わっていても埒が明かない。よく見ればどれもこれも三百代言、三流相場師の面構えである。

※the ripple effect  経済波及効果

 

〇何をしても、猫も杓子も「覚えていません」、「記憶にありません」、その上、司法もまともに機能せずではお話にならないが、それが実情のようである。現実は、「正義」、「真実」などとは無縁であるかのようにただ「流されている」だけのようにみえるが、それで「済む」はずがないことも必ず現実に現れてくるものである。

〇Ghosn is gone.  コストカッターなどという者は、煎じ詰めれば無能の証でしかない。誰もやりたがらないことを平然とやれる者ということに過ぎない。嫌われる役どころを敢えて進んで引き受けて若くして手に入れた地位でもあろう。しかし、それは、有能な経営者とは程遠いものである。それが今回の当然の結論に帰結するのである。ルノーにおいても然り、明確なビジネスモデルを提示できない経営者、コストカッターなど、首切りの意味しかもたないリストラしかできない経営者が現在増殖中である。このような経営者にとっては当然、外国人単純労働者の低賃金労働が喉から手が出るほどほしいのは当たり前である。外国人労働者の流入の限度を定めてなどというのは、この悪しき競争社会では言ったまでのことに過ぎない。この目先のことしか見えない無能な経営者集団を抱き込もうとするのが「単純労働者輸入計画」でもある。

 ほんとうに頭脳明晰な者がいなくなった。ただずる賢い、臆面もない品性下劣な者がバカでかい顔をして生きているのである。一矢報いよ、こんな者たちを残して勝手に自殺などするな。

 現在、「留学生が増えている」などというのも「日本の人気が上がっている」などというのも実情とはかけ離れていると思った方が賢明である。特にマスメディア一般が政府広報と化しているので、それとはなしにバックグラウンド作りにも加担しているのは敢えていう必要もあるまい。それに乗せられるとどこに持って行かれるか不明というより、99%の者にとっては一つとしてプラスになることはない。

                              2018  11/20

 

 

〇「政府見解」、常にまったく意味不明であるが、何を隠しているのかだけは明確である。それにしてもこんなコメントにもならないコメントをただ垂れ流しているだけのメディアなどは実質的に大本営発表と何ら変わることはない。それにしてもここまで内容のないというのもチンケである。またすべてにおいてメディア側に批判的な視点がないということも異様である。

                                       11/16

 

〇言うのも飽きたが、次から次へとつい言いたくなることばかりである。相変わらず、何しに行ったのか不可解な、「ほとぼり」を冷ますだけのような外遊、外交の数々。もっともらしい目くらましである。待つことに慣らされた国民には気が付くまい。国会での「説明責任」にしてもまともに行った者など皆無であろう。そもそも「説明責任」とは一体何なのか。丁寧に何度も記憶にないことを繰り返すことなのか。「説明責任を求める」?そんな追及で何かできると思っている方があまい。まともな相手ならともかく相手は陰謀政治家、山師、三百代言、人格障害の類なのである。さらに困ったことには、アベ友シンドローム(トランプシンドロームと同質)が一般化してきていることである。リップサービスでその気にさせるのは朝飯前、自分の目先の損得関係だけで動く者たちの気持ちを十二分に心得ている。

                                      11/15

 

〇三流経済論「トリクルダウン」が上から下へ流したものは金銭ではなく詐術だけであろう。

「アホノミックス」も「アホノミミクソ」と変わるところもなく、見るのも触れるのも関わること自体はばかられる。が、否応なく降りかかってくる惨禍に等しいので各自各様の行動を強いられるだろう。

 巷では、「分断」、「ねじれ」、「PTSD」などとわかったようなことを言って騒ぎ立てているが、結局この人たちには何も見えていないのであろうと思われる。そのような言葉で括ってみても集約させてみても何も捉え切れないのである。「分断」「対立」は常にある。今までなかったのような「物言い」はすべて嘘か錯覚である。「ねじれ」などもデモクラシーそのものに元々内在する要素である。「PTSD」、特に元軍人であれば戦争という極めて異常な事態に遭遇しざるを得なかった者たちの崩壊してしまったバランス感覚の狂った修整行動である。これも戦争の惨禍の一つであって「PTSD」などと称して収まるものでもない。今後もこのような狂気の沙汰はまだまだ続くことであろう。

 〇巷では、サバイバルナイフで相手の左胸を刺しておいて「殺すつもりはなかった」、運よく一命は取り留めたものの、これで「殺すつもりはなかった」で済むのか?「ぶっ殺してやる」と言った時点で明確に殺意はあると思っている。その時点で相手がどのような反撃に出てもおかしくないのである。脅かすつもりだったなどと言い訳が成り立つのは日本ぐらいであろう。渋谷のハロウィン狂乱騒ぎにしても、今後はおもちゃの銃であろうが「フリーズ」と言っも向かってくれば場合によっては撃ち殺さることにもなりかねない。この「ノリ」でどこでも通用すると思っているいるとかなり危険である。このままいけば渋谷の狂乱騒ぎもいずれ死傷者が出ることになろう。

 単なる「ノリ」ではなかろう、まさに精神病棟そのままである。これが笑える、楽しいのであればかなり「ヤバイ」。頭がもう「ヤラレテイル」ということである。

 

〇ホンジュラスからの難民の大移動、すでにこの中にアメリカ側からも軍関係者、もしくは極秘任務の者が潜入していることは誰の目にも明らかであろう。すでにトランプは「テロリストが潜入している可能性がある」と難民に対する攻撃の正当性を事前に告げているのである。実際にテロリストかどうかも不明のまま、また多くの犠牲者が出ることは間違いないであろう。

 煎じ詰めれば、難民を出しているのは、一体誰なのか?それがすべての元凶でもある。今、この地球上で自分たちだけが「ファースト」などと言っていること自体、人類は否応なく破滅の道を進むしかなくなるということの証左でもある。

 ホンジュラスからの難民の大移動、死から逃れ再び死へと追いやられる行進である。この血の行進の全責任はトランプとその支持者にある。

 

〇どのような仕事をしている者であれ、政治、社会的事象について発言するのは一市民として当然のことであろう。「余計なことは言わずに自分の仕事をしていればいい」などというのは一見もっともらしいが一市民としては怠惰であり義務を怠っているということになる。歌手であろうが土木作業員であろうが一市民として感じている、思っていることを言うのは至極当たり前のことである。その生業で有名か無名などとは無関係に、その生業とは別に人間として、一市民として言わざるをえないことはあろう。「専門家」などに任せっきりでは危うい、「専門家」などが「正当な見解」を述べているとは限らないという事例は枚挙にいとまがないのである。

 「国民が一々口出しするな、軍のことは軍に任せて置け」などと勇ましいことを言っていた「軍事の専門家」である軍幹部がなした結果が先の大戦の悲惨な結果でもある。そして、そのような者たちが一旦崩れだすと無様であるというのは、軍人などの精神文化レベルの低さに基因するとすでに指摘されているとおりである。総じて、「専門家」と称される者たちの核心的な領域は脆弱な場合が多く、わかりやすく言えば「専門バカ」、中には言葉の操作だけでに終始する空疎な「商売人」もいるということである。

 

〇安田純平氏に対する非難のツイートを見ていると、どれもこれもなぜか十人同色で、正論気取りの偉そうなものが多いが、総じてうだつの上がらない小役人的な内容である。民主主義国家における個人と国家の在り様がまったくわかっていないということである。実人生ではびくびくしながら生きて他人の自由な行為についてはここぞとばかりに異常に反応する。そんなに自由が怖いか?とつい言いたくもなる事例である。

「生きて虜囚の恥をさらさず」などの呪縛がいまだに解けない者がいるのか。ツイートが大同小異であるということは発信元がほぼ同一なのであろう。因みに、生きて虜囚の恥をさらしたのは時の最高権力者である。

 

〇現代日本の鬼女の実像、わざわざ巷間を探し回る必要はない。権力に群がる女たちを見れば一目瞭然。やはり権力の「魔力」であろう、困ったことにメフィストは「魔力」を与える者の能力の有無を問わないのである。悪魔は身も心も捧げる者ならアホでもそれを手中に収めさせるが、結局のところその代価は想像を絶するものとなる。この間、権力の中枢でうごめく者たちの様相をライブ感覚で見せつけられたが、醜悪以外の何ものでもない。それは生々しい悪の標本でもある。悪の「仕込み」から「発酵」、「醸造」に至る全過程、その結果生み出されたものがたとえうまかろうがまずかろうが悪は悪なのである。そして、その負の仕返しは必ず現れる。

 

〇単なるマッチ-ポンプ屋なのか、自分で火をつけたことも忘れて人々から見える高台で火消し役を印象付ける。ああ言えばこう言う、そう言えばああ言う、どう言っても自分以外はフェイク。「葉隠れ論語によると、どんな悪い事でもいったん自分がやらかしてしまった以上は、美名をつけて誤魔化してしまえ、と諭しているそうだ」。葉隠れ論語を持ち出すまでもなく、どこでも奇怪な「人間」の考えることは同一である。ホンジュラスからの難民の大行進に向けて軍隊がテロリストが入り込んでいるという理由で発砲するのではないかと懸念している。

                                 2018 10/28    

〇「食いたいもの食って、飲みたいもの飲んで、それで体こわして税金で云々」御存、天下に知れわたった品性下劣な「大臣」の言だが、そもそも誰が食いたくないもの食って、飲みたくないもの飲むのか?そんな者は一人としてしていないだろう、たとえ摂生している者でもそうである。浮浪者、飢餓状態にある者以外にそんなことをするはずもないのである。実情の多くは、高価な良質なものを買えず安物を多量に摂取するしかないことに起因しているのである。

                                                                                                               10/27

〇イケメンはホストにしか見えず、ブスはやはりブスである。臆面もなくよく自分の顔の大写しを載せるものだと感心させられる御仁が多いが、自分のことはそれだけわからないものなのであろう。「みごとな顔」に出会うのは名もなくそれほど裕福でもない人々の中の方が多い。40歳を過ぎなくとも顔には責任がある。「すべて」読み取られているのがわからないのであろう。もっとも鉄のような面の皮した御仁もいるから読み取られていようがいまいが知ったことではないのかもしれないしれない。が、隠した方がいい一番の恥部は実は顔なのである。 

 

〇南青山を久しぶりにぶらついてみるかと思っていた矢先、南青山住民の児童相談所建設抗議、反対の声、その内容のどれもがこの住民たちの安っぽい自意識、エゴだけ、それを見せつけられて興ざめしてしまった。もう二度と行くことはあるまい。「ブランドだ」、「一等地だ」、この程度の意識しかないのである。要するに無粋なのである。粋ではない野暮な街に 敢えて行く気はしない。南青山は何のことはない成り上りの「田舎者」の街だったのである。ブランド志向などというのは詰まるところ内容が空疎であるという証でもある。彼らの言動から文化レベルも見える。貧相である。

                                 10/25

 

〇自衛隊のパレードが全国そこかしこで行われているようだが、軍事オタクは別にして一般人がどのような神経で見ているのであろうかと思う。もし、火器、戦車、戦闘機等々、これを花火大会を見るような感覚で見ているのであれば最悪である。これは飽くまで殺人兵器、部隊の示威行進なのである。その抵抗感、違和感を徐々に緩和させていくのがその主な狙いであることはすぐにわかる。どちらにしても、このような軍事パレードを企画する側の意図は見え見えなのである。平和ボケした国防意識だけで「愛する」?「お国」?を守れると思ったら大間違い。それはそのまま無謀な亡国の兆しともなる。要するに、ものを知らな過ぎるということに尽きるのである。

 その内に、ディズニーランドカラー、ショッキングピンクの戦車のパレードが見られるのではないかとさえ思っている。

 

                                2018 10/22

 

 


 

139.つれづれに一言で片づければー30件ー(300件)

〇「KYB」、覚えづらいので「空気を読むバカ」とした。空気を読むバカ、読まぬバカ、同じバカなら読まにゃ損損とならないのが天網の浅薄な人知では測れぬところ。

 

〇サウジのジャーナリスト死亡の件、サウジ政府が認めた内容には驚き呆れるばかりである。「口論となり、殴り合いの結果死亡」、そうではあるまい、秘密国家警察の類が噛んでいるのである「口論」ではない、「殴り合い」でもない、複数の圧倒的な力で抑え込み致死させる暴力が意図的に振るわれたということである。サウジアラビアとはそういう独裁国家なのである。またご多分に漏れず例によって金力でそのような負のイメージを払拭させようとしているようだがもはや取り返しがつくまい。サウジの実態が改めて浮かび上がったという意味でもこのジャーナリストの死は無意味ではなかったと思われる。

 それにしても残虐な殺し方をするものである。このようなことが常態化している「ところ」に対してはすべてを拒否する。何億年前の生物資源頼りの狂宴もそろそろ終焉を迎える時がきているが、これでその終焉を前にその先もないことが判明した。因果応報そのままである。

 

                                                                                                                                    10/20

「口論となり、殴り合いの結果死亡」、このような「説明」はどのようなケースでももっともらしく収まってしまうから怖い。対等な状態にない者が集団で暴行を受けても成り立ってしまうのである。今後、頻繁に使われないことを願うと同時にこのような「説明」がなされた場合には要注意だということである。

さらに言えば、国際関係論的な複雑な各国の絡みを説明して、それで何かわかったような錯覚に陥っていると、問題を指摘する一つ一つの言動をすべて中和させ、何が問題であるのかも不鮮明にさせることとなる。いわんや、その国の長の発言内容などはいくつもある判断材料の一つに過ぎないので、場合によってはその材料にもならないということである。

 

 〇自分の子供に「まともな仕事などするな、小説家か山師にでもなれ」と言った陰謀政治家がいたようだが、実際自分の子供にはどんな育て方をしているのか、つい子供の顔を見たくなるような陰謀政治家の類がやたらと多くなっているように思われる。「民」には「清く」、「正しく」、「美しい」生活を強いて自らはやりたい放題。戦時中も軍の幹部連中は内部では天皇を「天さん」などと呼んでいたのである。(そのようなテープが実際残っている。それは親しみでも、当然尊敬の念でもない)要するに、天皇をいかに利用して「民」を縛るかということだけなのである。

 

〇マルチタレント、聞こえはいいがその実態は器用貧乏でどれもこれも中途半端。総じて、実のところ何もない。だからいいように使われるのであろう。

 

〇しかし、詐欺師が大盛況である。これで納得する物分かりの良い極楽蜻蛉ばかりでは国民主権も基本的人権も平和主義も風前の灯火である。

 

〇どこかの神主が、神社に訪れる外国人観光客に「信仰心も持ってほしいですね」とは、神道などはどこの国にもある民族宗教の一つなのである。仏教にしても日本ではいまだに「葬式仏教」の域を出ていない状況である。大方の外国人はキリスト教、イスラム教、仏教、その他の何らかの宗教を持っているのが「普通」である。「無宗教」などというのが「一般」として通用するのは日本くらいなもので、日本と世界の宗教事情をあまりにも知らな過ぎる。

                                      10/16

〇「舌禍」ではあるまい、それは頭の禍すなわち根本的な思考の欠陥、欲望によって歪められた思考の瓦解から起こる問題である。「舌禍「というと「本体」は別のところにあるようだが、言葉を操ることと思考回路は同体である。

                                                                                                                                        10/11

〇何かというと「性善説」だの「性悪説」が出されるが、そうではあるまい、本質なものとして何か確定的なものとして「善」だの「悪」だの有無を問題にしても何の意味もないし、それで「人間」を捉え切れるものでもない。「善」にも「悪」にもいつでも傾く全的「動態」として捉えるしか捉えようがないのが「人間」でもある。

 

〇16歳位から「死と向き合っていた」というより常に死の想念に取りつかれていた私にしてみれば、「就活」などさほどの意味もなく、まともにそれについて考えたこともなかった。そして、今度は「終活」などというコンセプトであるが、それについても今更何を改まってという程度にしか感じられないのである。言ってみれば、私には「就活」など端から存在せず、「終活」だけが常に存在し続けたということになる。ここで言う「終活」とは「死と向き合う」という程度の意味で、世俗的葬儀云々などの意味は一切ない。さらに言えば、「死と向き合う」などと言ったところで、死を直視できない以上、それはどこまで行っても死の観念と向き合っているだけである。余命宣告を受けても、老少不定に変わりはない。ここまで言うと、さぞ暗い生活を送っていたのではないかと思われがちだが、あにはからんや、思うがままにそれなりに手応えのある人生を送ってきた。

因みに、私は以前から定期的に書き換えた遺言を残している。

                                                                                                                                          10/8

翌日、「就活」が経団連主導から政府主導になるということが報じられた。その内「終活」も政府主導になるのであろう。独裁的社会主義国家を目指しているのであるから何から何まで「政府主導」ということが当然の道筋であろう。後はそれでよいのかということである。

 

〇どこかで「超エリート精神科医」という「コピー」を見た。これは一体どのような精神科医なのか、おそらく何の役にも立たない精神科医かマッドサイエンティストの類であろう。「精神の領域」を扱う学問で「エリート」という言葉はまったく無意味なのである。

 

〇20年も30年も当該〇〇協会に出入りしていた者や記者クラブなどの忖度記者がまともなことを言える訳がないであろう。適当に目をそらしながらやり続けるしか飯のタネがないのである。だからと言って、嘘、ごまかし、怠慢が許されるわけではない。彼らもまた逃げ道を躍起になって探していることであろう。しかし、「食うために仕方なかった」などという言い訳は、常に「巨悪」に油を注ぐことにつながり何の言い訳にもならないのである。「食うために仕方なかった」ということで正当化できることは何もない。そうすることで手に入れたものが、たとえ「勝ち組」のように見えても、所詮は「負け組」なのである。その証拠に自身に心底「誇れるもの」が何もないであろう。もし、そうでなければ単なるサイコパスであるということに過ぎない。サイコパスはもはや人間の境涯にはいない者ということである。

※スポーツではあるまい、「勝ち組」、「負け組」というわかったような皮相的な言葉の遣い方は大嫌いなのであるが、ここでは長くなるのでわかりやすくするために敢えて遣った。

                                                                                                                          10/7

〇大のおとなが男女関係を問われて、言うに事欠いて「一線は越えていません」とくる、おそらく一線を跨いでいるのであろう。スキャンダル好きのその筋の者の質問、聞く方も聞く方だが、「普通の一市民」にとっては、その「本来の道」できちんと仕事をしてくれればいいだけのこと。子供ができたできない、誰と誰が関係しているなどとはどうでもいいことなのである。勝手にしやがれがホンネである。

 

〇「テレビは見るものではない」とタモリは言う。そして、「テレビは出るものだ」とも言う。要するに、「踊るアホーに観るアホー、同じアホなら踊らにゃ損、損ー」ということのようだが単にそれだけではない。確かに、テレビなどは観るものではなく、出た方が法外なギャラもあって楽して得する簡便な手段でもあろう。しかし、それは同時に、テレビを観る者とテレビに出る者に対する痛烈な皮肉にもなっている。「観ている」つもりでいつしかほんとうのアホにならないように気を付けるべきなのであろう。

 「テレビは観るものではない。出るものだ」、本来のタモリの片りんを感じさせるアフォリズムである。

                                 2018 10/4

〇ジャニス・ジョプリンの夏であった。思わず、ジョプリンの「サマータイム」を口ずさんでしまったが、汗が噴き出す、耐え難い暑さに太刀打ちするには丁度いい曲なのであろう。外科手術中の外科医が癒し系の曲、軽やかな明るい曲ではかえって手術ができないというのと同様である。

                                                                                                                                 9/30 

〇樹木希林と台風、そして貴乃花問題、報道するなとは言わないが、これだけしか報道するものがないかのようであるから異様なのである。能無しの能一つといったところであろう。

 

〇ゲームにはまっている某青年にどこが面白いのかその内容を聞いてみると、要するに一人でする「双六(すごろく)」のようなものであった。インドで起こり中国を経て奈良時代以前に伝わった双六、ただし、「電子双六」の方は目的達成までいくつものエピソード、イベントがあって達成までどのくらいかかるかわからないらしい。その青年はすでに2年くらいかかっている。

                                   9/27  

〇日本では、火山活動、地震学、地質学上の問題も最終的には「ガイドライン」に則って三権分立も未分化な裁判所が判断するようである。原発の再稼働も「ガイドライン」に則って「破局的噴火のリスクは容認できる」として稼働を認めたということである。この調子で再稼働が続けば、今後は何があっても後はすべて自業自得ということでろう。目先の欲にかられた亡国の時代の人々がもたらした悪魔の遺産、さぞかし呪われることであろう。

 広島、福島さえ忘れ、欲望に目がくらみ、突っ走る。過ちは誰にでもあるが、二度も三度も繰り返すのを愚者というが、今後は愚者というより絶滅種と言った方がいいかもしれない。

 

〇極個人的な意見を敢えて言わせてもらえば、「有名人」の8割は「ろくでもない人間」であると思ってる。有名人であることが何の保証にもならないのである。そうかと言って「無名な人々」がいいという訳では決してない。匿名性そのものに「悪」を呼び起こし増長させる要因がある。その実例はネット社会ですでに実証済みであろう。

 

〇一面記事、社会面では然もありなんと思われる内容が多い某タブロイド紙の汚点ともいえるのが「貴乃花問題」であろう。既得権益側の日本相撲協会べったりの一方的な貴乃花に対する感情過多の「批判」とも言えないお粗末な内容には毎回うんざりさせられる。書いている者も耳目を集めてナンボの相当の食わせ者であろう。当方は読み捨てるからどうでもよいが、一面と終面はピンキリということか。キリで自壊の道とは。

 要するに、「公益法人」である日本相撲協会も総点検すべき時にきているということであろう。もう先がないところまできているのがわからないようでは終焉は近い。

 

〇「新潮45」は論外中の論外、「デイリー新潮」などもひどいものである。「炎上商法」?そんな邪道は所詮自壊するしかあるまい。一度やったらもう終わりなのである。他のマスメディアにも同様なものが多々あり、ほんとうに呆れ返ってものも言えない状態である。特に最近の大手新聞社、出版社などマスメディアの凋落は目に余るものがある。つい、みっともない恥を知れと言いたくなるが、恥知らずに言ったところで話にもならず、とにかくとことん堕ちたなという実感しかない。後はどこから金が出ているのか?それだけである。これは、金の流れを見れば一目瞭然という典型的なパターンであろう。もっとも、金の流れなどは簡単にはわからないようにしているのは言わずもがなのこと。

 こんなことをしているから戦後最悪の大量殺人、「相模原障害者施設殺傷事件」などが起きるのである。この犯人はまったく反省していないどころかアベの信奉者であることを自慢していたというではないか。なぜ思考停止状態の愚者をこのように誘導してしまうのか、安直に手っ取り早く彼らの存在理由に確証を与えるような扇動的な言動を繰り返しているからである。それは幻影以外の何ものでもないが、この犯人は今だに「正義」の「殺人」だと思っているのであるから、いかに幻影が人を動かす手っ取り早い方法であるかがわかる。このように、すぐに幻影にのめり込む単細胞的人間を増やすこと、すなわち扇動的な言動に従順な「兵士」を育てるという意味では発信側にとっては実は思惑通りであろう。犯人は信奉する者に対してあまりにも一途で従順過ぎたというだけのことともいえるのである。これがいつ一般化するかわからないということも知らなくてはならない。

この犯人には「障害者」もまた「生産性のない者」なのである。

 

                                     9./24

 

〇「仮定のことについては何も言えない」政府では「予算」も立てられないだろうし、「公約」も無意味であろう。「未来」のこと、「希望」などについてまったく語れないはずであろうが、それにしては「国作り」、「次世代に残す」などと「仮定」のことをよくしゃべる。要するに、肝心なことは何も話していないのに等しいのである。どのような極楽蜻蛉でもそれくらいは察知できるであろう。

 

〇前にも取り上げたが、老々介護どころか認認介護さえ余儀なくされる現状はそのまま不条理劇を観ているようである。まったくかみ合わない会話、当然発するヒステリックな奇声、罵声等々。しかし、これが国の「長」と言われる討論会ですらそうなのであるから驚きである。加計問題につて聞かれてゴルフのことが出てくると「ゴルフに偏見を持っているのではないか云々」、聞かれた質問の意味すらわかっていないのか、はぐらかすことしか考えていないのか、これである。これもまた超不条理劇としか言いようがないが、彼ら特有の薄ら笑いは追い込まれている証左でもある。このような会話そのものが成り立たない人間にいくら問いただしたところでまったく無意味であろう。「丁寧な説明」などたとえ地球が逆回転しても不可能なのである。小心者がパニック状態に近づくと放心状態の薄笑いと防御の薄笑いが自動的に喚起されるが、根本的にものを考えたこともないような人間の言動は常にステレオタイプで答えられる領域も決まっているのである。それでも言わざるをえなくなるとエンドレステープ状態になるが本人は何か対応できていると思っている。よく見ればすぐにわかることである。

 

〇ヘラヘラ男にヒョットコ男、そして無表情な茶坊主たちのせめぎ合い、女たちと言えば、微笑みで裂けた口を隠すのが精一杯の鬼女ばかり。話すことと言えば、胸の肉がいい、いや肩肉でなくては、背中の肉がないのは、いやいや尻の肉が最高などと 旅人が夜中に襖越しに聞けば逃げ出したくなるような話であるが、それを真昼間、骨をしゃぶりながら人目を憚ることなくやるから空恐ろしい。百鬼夜行どころか百鬼昼行の様である。自分の胸の肉を450グラム程切り取られるまでは自分のことと思えないように仕組まれているから怖い。果たして、それも運命とでも思えるのであろうか。どちらにしても根本理念を欠いた策士、詐欺師の闊歩をどこまで許すのかということに尽きる。

 

〇希望・希望・希望・・新しい日本を作ろう・・・と吹き鳴らされる進軍ラッパもすでに音程もズレ、奇望・危望と聞こえてくる。偏向誇大妄想狂詩曲 ラプソディ・イン・グレイの開始である。

                                                                                                              2018 9/20

 

〇あらゆる領域の既得権益は更新もされず放置されると腐るだけであるという極当たり前のことがいつしか忘れ去られてしまう。既得権益の死守、そこでは真偽より損得のみが支配するから激しくなるのも当然であるが、どのように隠蔽してもいつか白日の下にさらされることになるのは浅はかな人知では計り知れない。それが可能に思えるのはやはり策に溺れる浅薄な策士だけである。政界、財界はもちろんのこと、学会、医療産業、それこそあらゆる業界の既得権益が常に問題となる。

 

〇しかし、「新しい日本を作る」?「具体的プラン」?「批判ばかりしていても何も解決はしない」?こんなオメデタイ誇大妄想狂に乗せられていては、やはり無残な最期しか在り様がないだろう。脳髄の根本を叩き直さないと手の施しようがない末期症状となってしまう。

 

〇樹木希林の訃報ばかり、本人も「もういい加減にしない」と言い出しそうである。そんな中での、石破茂と安倍晋三の討論会、新たな発見はほとんどないが、改めて問題が浮き彫りなったという意味でも再確認の意味でもこういうのはあって当然であろうと思われる。ただし、局側が両者の見解の相違を変に「まとめる」必要はない。どこにウソがあるか、真意があるかは、こちらが読み取ることである。しかし、相も変わらず、不整脈気味に発せられる表皮のような印象言葉の羅列、組み換え、これでわかるとはやはりオツム具合を疑わざるを得ないというより病的である。要するに、大方の国民のことなど全く考えていない、お為ごかしばかりで実は何も言っていないということである。それに比べると石破茂はやはり保守本流であろう。こういう保守が出てこないと、すなわち、批判に対しても真っ向から受けて立って、それをさらなる展開に結び付ける「大人の作業」はできない。我執、思い込みだけでは衰退は避けられない。どちらにしても目先の利を最優先させる者たちにとって、操るのは餓鬼の方が便利なのである、だから現状はこうなっているともいえる。しかし、操られた餓鬼の所業の結果は火を見るよりも明らかなのである。その犠牲者は99%の国民であることは忘れないことだ。一人として例外はない。

 

〇目先の生産性の有無だけで価値判断を完結させるような社会はやがて衰退、衰微するのが必定。そのことによって必然的に単細胞人間を量産することにもなるが、単細胞系は大なり小なりすべてが絶滅種なのである。生産性の有無だけを考え、謙虚にあらゆるものから学び取ろうとする姿勢がなくなれば、それは人類滅亡の序曲となる。軽いノリで序曲はすぐに始まり、そして、始まったらもはや手が付けられない。

                                                                                                                                    9/15

〇天才とバカは紙一重、知能レベルは小学校5,6年程度といわれる者と100%一心同体というのであるから後は推して知るべしである。それにしても何から何まで阿漕、あくどい様は比類がないが、どこにでも付着するこの超軽量の「たちの悪さ」は何だろう?イメージ操作以外は何もないといってもよいその全行動、だから軽いのであろうか。会談などといっても実のところ何を話しているのかも不明で、実際何もかも一歩も先に進まず、会って写真を撮るためにだけ行ったとしか言いようのないものである。さらにはそれに税金がどのように使われているかも不明である。

 「プロの嘘つき」といわれる者と息をするように嘘をつく者と波長が合うのも当然ではあるが、それもしばらくの間であろう。すでにそこかしこで引きつりを起こしている。嘘つき同士の「信頼」関係など空中楼閣以外の何ものでもない。それは100%自壊する動態でしかないということをやがて思い知らされる。

※因みに、「息をするように嘘をつく」とは私がすでに2,3年前に遣ったたとえで、昨今ではタブロイド紙などにも登場しているが、私の場合は引用する場合には必ず「」をつけるので念のため。このような紙面だけではなく以前からこのようなことが他でも多々見受けられるので一言。

                                       9/13

〇政府発表のコメント、今まで何かまともなことを言ったことがあったのかという「印象」しかない。それこそ「信者」でない限り真に受けている者はいないであろうと思われるが、「当たり前」のことでさえミステリアスである。そのような様を見過ぎてしまったのか、猫も杓子も逃げ口上ばかり上手くなっていく。正直者だけがバカを見る世の中では困るのである。教育上においても最悪のケースばかりを提示し続けてきている。それが「憲法『改正』」を急ぐ、歴史を修正する、詐術的な空疎な言葉の羅列も切りもない、あくどい冗談も度が過ぎるというものである。その挙句に「仮定については答えられない」とくる、これは自ら無能な政治家と言っているようなものである。

 

〇何度も何度も言っているが、日本はとんでもない地震「大国」であるにもかかわらずその狭い国土に原発をいくつも作っているのである。政官財の「ご立派」な講釈がどれだけ「無責任」なものであったかはすでに実証済みでもあろう。さらに地球環境の乱れで台風ですら従来のコンセプトではとらえきれないものとなってきている。「平和ボケしたタカ派」といっしょになって防衛費拡大などにかまけていると内から崩壊していくことにもなる。停止中であろうが廃炉にしようが狭い国土にこれだけ原発があること自体でもうすでに「負」の結果は出ているのである。そもそも本当に日本を守る気があるなら原発など作らないだろう。さらには活発化している地殻変動、変容している台風、このような時に「防衛」を整えるなどということ自体がファルスそのものなのである。それさえ気付かないのは論外中の論外であろう。

                                   2018 9/7

 

138.「死ねば宇宙の塵芥」(2)

 近藤誠氏は、20数年前と根本的には変わっていない。そして、そこで再確認できたことや、さらに曽野綾子氏の生き方に共感する方向で示された医師としての死生観の具体的提示は様々な意味で参考となる。曽野綾子氏は、幼少の頃から常に死を考えていたというクリスチャンでもあるが、生き方そのものを問い続ける姿勢から自ずと出てくる「覚悟」から「老いて孤独を楽しめ」に至る過程は、ただ「流される」だけの者には到底たどり着けないところでもあろう。両氏は平易な言葉で語り合ってはいるが「自由で、自立した潔い老後」などというものはそうやすやすと得られるものではない。要するに、自由で、自立した人生を一歩も歩んだことがない者が老後を迎えて突然六十、八十の手習いのごとくに習得できるものでもあるまいということである。「極上の孤独」などという表現で表されている内容でも同様である。もし「極上なひと時」程度のことを「孤独」に置き換えているのならやはり問題であろう。「孤独」を安易に使ってはならないと思われる。私自身は、孤独については「僕は全身全霊をかけて孤独を呪う。全身全霊をかけるが故に、又、孤独ほど僕を救い、僕を慰めてくれるものはないのである。」という作家と同様のとらえ方をしているからである。そして、バイブルにも魂の孤独を知るものは幸福であると記されてあるようだが、しかし、「魂の孤独など知らない方が幸福である」というのも一面の真相ではあるということを押さえておく必要はあろうと思われる。

 霊魂などというものも、あると言えばある、ないと言えばない、あると言い切るのも傲慢、ないと言い切るのも傲慢、ここで言う傲慢とは人間本来の状態に無知という意味で使っている。「死ねば宇宙の塵芥」とは、人知では語り得ぬもの、例えば「あの世」などについていつまでも時間を割くより今ある生を精一杯生きよ、そして、それがそのままその時が来たら潔く去ることにつながるといっているのである。

                                       2018 9/5

137.「死ねば宇宙の塵芥(ちりあくた)」(1)

 これは曽野綾子、近藤誠両氏の対談集の題名だが、私も常々そう思っていたので両氏には題名だけで共感以上のものを感じるのである。この対談集は近々読む予定であるが、まだ読んではいない。「死ねば宇宙の塵芥」ということをもし明確に捉えていれば自ずと現在生きていることの「重大さ」が見えてくるはずなのである。実のところ、人間にはそれ以外には何もないといってもよい。「あの世」を措定すること自体が現在の生を溶解させる要因を作ることにもなる。人類の智慧の成就に捧げる「教え」でさえ、「あの世」のはっきりとした措定は避けざるを得ないのが実情なのである。いつ、誰が墓などを作れと言ったか、少なくとも釈尊は言っていないし、遺骨に、物化、物質化してしまったものに、何かあると思う方が不自然で、それは「思い込み」と同質の通俗「信仰」レベルの対象であるに過ぎない。実のところ墓の下などにはもはや「故人」を偲ぶものさえないのである。死ねば宇宙の「塵芥」となるだけであるという明確な意識がなければ真の智慧も得られまい。「あの世」を措定し、あるいは「我を忘れ」て「現にあること」の意味をなおざりにする者たちを私は信用しない。

 後は対談集を読んでから、また始めよう

                                 2018 9/1

136.つれづれに一言で片づければ ー22件ー(270件)

〇「ホンネトーク」系の番組はこれまでにもいくつかあったが、どれも適度に制御された、すなわちコントロールされたもので「ホンネ」などとは程遠いものである。この手のものは、それらしくいかにやっている振りができるかにかかっているだけ。要するに、「振り」、「ポーズ」がすべて、実際、ターゲットされている者などの位置は実害がない弱者なかりで、目糞が鼻糞を笑っている程度のものでしかないにもかかわらず、少々非があった「弱者」を「ホンネ」と称して攻めまくる。実のところは、弱い者いじめのトークなのである。たまには「強者」をターゲットにしたらどうか思うほど情けないものである。それとも「ホンネ」とは「弱者」いじめの専売特許なのか。こんな風潮が蔓延しているのでは学校での寄ってたかっての弱者「いじめ」もなくなるまい。

もういい加減「ホンネ」、「毒舌」にかこつけた「弱者いじめ」はやめたらどうか。

 

〇しかし、震災、災害ですら正確な情報は得られないというのが実情である。情報がないわけではなく情報が得られていてもパニックを避けるためなどという理由で流さないこともある。3・11東日本大震災でもそうであった。携帯なども緊急事態ではほとんど使用不能である。何度も言っているが、日本は地震大国なのでどこで起こっても不思議ではないのである。にもかかわらず地震観測地点が破壊されている(?)か「想定外」の震度でデータが取れないというありさまである。肝心な時にこれである。これからまだ「二百十日」といわれる昔から農家には厄日として知られる台風が頻繁に来る期間でもある。震災の具体的な対策もままならぬ状態でまた台風である。「自然」は容赦なしである。

 しかし、「ヤバイ、ヤバイ」しか言えない人々、状況がまるで見えていないようである。ゲーム感覚のまま死に至るケースでもある。これに想像力の欠如が加われば死は常に目前にある。

                       2018 9/6ー台風後の北海道地震ー

 

〇能書きタラタラ、作為もタラタラ。目にする文字も耳にする言葉もペラペラコピー・・・突然、飛び出すCMは90デシベルでは距離を置きたくなるのも当然。

 

〇「日本〇〇協会」と名の付くもの、その「怪しさ」はどれも同じようなものである。その証拠にその組織の「中心」メンバーはいつまでも変わらないであろう。変わらなければ必ず腐るのである。

 

〇長く続けてきたこと自体でそのすべてを肯定することはできないし、それだけで評価することもできない。それは時間の経過とともに必然的に腐る要因が作り出されているからである。更新された程度では腐敗の拡大は止められないというのが人間事象一般である。現状がそのすべてを見せつけているであろう。いつまでも大中小の既得権益にしがみつく者たちを「どう始末するか」が今後の大きな問題の一つでもある。

                                    8/31

 

〇「住みたい街」のランキングなどを見ていると、これはワーカホリックの住みたい街ということではないかと思われることがある。私には特に住みたい街などもないが、気に入らなければ離れるだけのことである。

 

〇「やがて死ぬけしきは見えず蝉の声」芭蕉の好きな一句であるが、今年の夏は、木々から落ちていた蝉を何匹見ても、蝉の声とは結び付かず、その声を聞かなかったことにも気付かなかった。今年、蝉は鳴くこともなく死んでいったのである。

                                 2018 7月ー8月

 

〇内閣府発表「74.4%が現在の生活に満足、過去最高を更新」(NHK、サンケイ)(2018/8/24)何をか言わんやである。現状とはまったく乖離している数値である。那須の別荘地の風通しのよい芝生の上で測った温度を全国平均値にしているようなもの。

 

〇甲子園を盛り上げた金足農と投手の吉田君、その笑顔とすがすがしさを讃えるのはいいが、野球評論家ではなくてもその投球数が心配になるのが「普通」ではないのか。彼の将来を考えればなおのことである。盛り上がりに水を差す気はないが、冷静さを欠いた熱に浮かされたような情動ばかりでは、実質的に「消耗品」としてしか扱われぬ「英雄」しか生まず、それは悲劇でしかない。そこで「特攻隊」のごとく燃え尽きるのが本人の本当の「意思」であるなら話は別であるが、そうではあるまい。

 

 〇目的のためにはまったく手段を選ばないことが日常茶飯事で、常套手段化している状況。これは明らかに尋常ではないが、何気なく「普通のこと」と思わされているから怖い。「皆やっていることでしょ」、「皆、思っていることでしょ」という呟きが奥でこだましている。

 

〇電気自動車、この音もなく近づく車でまた加害者と被害者が増えるであろう。日立、東芝も原発事業から離れられず。

 

〇「目的に対しては合理的」という表現、使い方によっては何ら問題はなかろうと思われるが、これを某御仁の政治姿勢に使うから問題となるのである。すなわち、単に目的のためには手段を選ばないというだけの行為を「目的に対して合理的」と言い換えただけなのであるが、それは「理」ではない。敢えて言えば「合非理」的なのである。こうして許されざる行為を様々な手を使ってフォローする有象無象の手合いが浮遊しているというのが現状である。

                                      8/22

 

〇「代々木上原」の宣伝コピーに遣われている文言の「勝ち組のイメージ」、「権力者たちの気品が残る街並み」などには閉口してしまった。言ってしまえば、感性があまりにも俗っぽいのである。そもそも「権力者」のどこに気品があるのか。銭を持っていただけで文化レベルの高い者は極めて稀である。下手なことして自滅していく街も多くなっているが、どの街も一日して成らずである。そして、失われてしまったものは決して取り戻せないということである。

 

〇スポーツは好きだが、スポーツ選手、関係者(特に解説者など)が調子に乗ってその経験則と人生訓などを開陳し始めると一瞬して興ざめすることが多い。やはり脳髄の鍛錬が未熟で、精神的深化が見られるのは極めて稀である。底が割れているのもわからず喋り続ける愚かさ。

 

〇大方の大手マスメディアが流しているもの(主に政治面)をそのまま鵜呑みにしている者とは常に後手に回るか、踊らされる者たち、決してその先にはたどり着けない者たちということである。今や、マスメディアは情報共有操作機関に過ぎず、そこからどこまで「本当のところ」を解読、導き出せるかがすべての岐路となる。口を開けているだけでは何を食わされるかまったく不明で、口当たりのよい毒まんじゅうも多くなっているということである。

 

〇国と政権を同一視する、そういう「民」がまだいるらしい。「永世独裁国家」でもあるまし、政権などというものは所詮は一過性のものである。国民にとって不利益なことをする政権は変えればいいだけのこと、取っ換え引っ換えする程度の代物で、本質的な内容をなどあるはずもなく皮相的なものである。もっともらしい「不変性」が極めて危険なのである。

 

〇「ジャンヌダルク」を気取る議員、「帝王」を気取るボクシングの会長等々、さしたる理由もなく自分に酔うこと、思い込まないと成り立たぬ虚飾の数々などが、いかに見苦しいかを見せつけられる昨今である。因みに、ジャンヌダルクの行動は処女の無垢な信仰心がないとまったく成り立たない世界である。その点でもジャンヌダルクを気取る議員とは似ても似つかないまったく無縁な存在であろう。気取る方も見立てる方もお里が知れてしまうということである。火刑台に至るジャンヌダルクの全過程を見よ!

                                     8/18

〇「サマータイム導入」、健康面では百害あって一利なしという結論は当然であろう。この「サマータイム導入」に都合のいい「試算」というのもまったく信用できない。一体何のためにこんなことをやるのか?やはり「オツム」の具合を疑わざるを得ない。経済効果がある?ウソであろう。その経済効果とは?誰が利する効果なのか? 「サマータイム導入」が「マラソンの暑さ対策」などと言われて、簡単に納得してしまうと、とんでもないことになる。たかだかマラソンのために国民の生活を犠牲にするなど本末転倒であろう。いつものパターンと言えば言えなくもない、軽いノリで言葉巧みにまとめようとするが、そのことによって国民の生命が危機にさらされることなどおくびにも出さない。人の命をすべて手段としか見ない者の口車に乗っているとやがて崖っぷちから投げ落とされてもわからないということになろう。

 またこの言葉を遣うが、一事が万事、一部の「現われ」からすべてが見て取れる。一事の微分析ですでにその全体像は割り出されているのである。

                                 2018 8/16

 

〇この時期になると、いやでも「阿波踊り」が目に入ってくるが、やはり「踊るアホに見るアホ」である。あんな単調な、それも本来のエネルギーと個別性がなくなった変に統制の取れた行進のような「動き」をいつまでもよく見ていられるものだと感心する。

 

〇テロ組織に人質となっている日本人について、大方の日本人は自己責任、自業自得くらいにしか思っていないか、またそのように思わされているというのが実情であろう。「サンデーモーニング」の中で安田菜津紀が我々には「知る責任」があるということを強調していたがその通りである。要するに、「当局」は何でもかんでも「粛々と進める」の一点張りでその一部分さえ伝えようとはせず、実のところ何をやっているかわからぬ内に、人質にされた者の自己責任、自業自得という「印象付け」を御用の筋の報道機関の協力を得て「粛々と」浸透させるパターンである。実際、以前殺された人質についても当然という程、無関心そのものであろう。この無関心がやがて増殖・拡大し、人間性の証でもある共感そのものを破壊するのである。そのような実情を超えて「知る責任」があるということは実に「重い」のである。

 因みに、ただ食いたいものを食って笑って思考停止状態で百歳まで生きても酔生夢死では認知症になるしかあるまい。

                                   

 

〇「悪い人間とは思えない」というような、さも自分は人間を見る目があると思わせる風な言い方をする人々がいるが、ほとんど当てにならぬ。それは、そういうこと言った人間を見れば一目瞭然。人間は「やったこと、やっていること」だけがすべて、それ以外は大なり小なり自分の思い込み、幻想、酔狂の域を出ない。

 

〇アゴラとは、古代ギリシャでは市民が政治、哲学を論じて過ごしたポリス(都市国家)的生活の中心であるが、今、このような名称を敢えて遣う者たちとは内容的には「逆走」するケースが多々ある。ご多分に洩れず日本の「アゴラ」と称する「発信組織」の実態も戯言をぬかす顎等(あごら)という意味に最も近いと思われる。

※顎(あご):まくしたて、へらず口をたたいたりすること。

今更、言うことでもないが酷暑の折、五月蠅い蠅のせいでつい・・・

                                  2018 8/12

135.つれづれに一言で片づければ ー26件ー(248件)

〇「TBS報道特集」は唯一見応えがある報道番組である。取材もしっかりしているし、これからも妙な圧力に屈することなくがんばってほしい。

 

〇猛暑と台風情報と馬鹿笑いとオリンピックとスポーツ界のダークサイドに嬉々としざるを得ないマスメディア。大丈夫か?ほんとうに?

 

〇とにもかくにも最大多数の無党派層の責任は大きい。「他に適当な人がいない」、「関係ない」などの自堕落な寝言はもはや通用しない。少なくとも「主権者」であろう、考えるべきなのである。単なる「民」というのなら別だが。

 

〇いまだに、何かといえば「左翼」がどうのこうのと言っている者たちがいるが、そんなコンセプトはもはや通用しないのである。要するに是は是、非は非で、現実には「神が治める国」など存在するはずもなく欠陥だらけの人間が何とかやっているのが実情である。誤りもすれば、過ちも犯す。その過ちについて指摘し、抗議することを「左翼」など言って括ること自体がピンボケなのである。それでは「是々非々」は成り立つまい。間違いを指摘する者、批判する者を「左翼」などという言葉で括ってみても全く無意味で、せいぜいその言葉を遣うことで哀れな独裁的共産主義国に結び付ける幼稚な「印象操作」程の効果しかあるまい。明確な「是々非々」には本来的に「左翼」も「右翼」もないのである。ウソはウソ、ダメなものはダメ、それでよい。左派系だろうが、右派系だろうが永遠の安定した政権などは存在し得ないということを「知る」ことこそが第一義な問題である。ウソばかりでは変えるのが当然、ダメが多ければ首をすげ替える、それだけのことである。変な幻想は禁物である。

                                   8/9

 

〇稲田何某とういう元大臣経験者が、護憲派とは新興宗教の信者のようなものと言ったそうだが、やはり知性の欠片もない人間である。この御仁自らは「思想のデパート」と言われた国家主義的なカルトの信者なのである。カルトの信者が護憲派を新興宗教の信者というオカシサ。指導的位置にある者たちがこれ程までに知性の欠如している者ばかりでは、いつまた「オウム真理教」が出てきてもおかしくない状況である。

 

〇「テロには屈しない」、かっこよさそうだが、この強気の姿勢は、要するに無思慮で、運悪く人質になったり、その姿勢にそぐわない都合の悪い者はすべて見殺しにされるということでもある。

 

〇「不透明化」、「透明性の有無」云々、これが曇りガラス、偏光ガラスを2、3枚組み合わせたような政治のレベルで遣われるから笑ってしまうのである。いつの間にか巷のショーウィンドウの曇りの有無と同レベルで遣われているからさらにおかしくなってくるのである。「大本営お墨付きの」マスコミで遣われる安易な言葉に踊らされていると、緩慢なる自殺、自壊への道を歩むことにもなる。

                                      8/5

 

〇これも以前触れたことではあるが、ハーバード大学「経由」の「国際政治学者」と称する者はやはり総じて危うい。要するに「政治」は「政治学」とするほど厳密な学問にはなりにくいのである。「厳密な学」としては展開できなかった者が、言い換えれば「落ちこぼれ」がそれまでに得た「知識」で商売しているのがほとんどの「国際政治学者」の実態であると言ってもよいだろう。実際、その著作も異常に多いが、中身は読むまでもなくどれもこれも大同小異の皮相な外来種の井戸端談義でコアなものは何もない。大上段の構えの割には切り口はあまく、立ち位置は完全に傾いている。要注意であるというより、やはり危ういのである。

                                                                                                                                      8/3

〇「日大がブランド」?初耳である。「日大闘争」以前も以後も、学生のことなど考えたことがあるのかという大学であると思っていた。国士などと大学としてはどうかと思われる大それた名前をつける大学などは別にしても、学生のことなどつゆほども考えたこともない大学が一体どのようなブランドがあるのかということである。現状が実に見事に物語っているではないか。日大とはそのような大学なのである。何かあって、いざとなれば簡単に切り捨てられるということである。抗議をする教職員に対しても「印象操作」などとして「脅し」までかけているという。悪しき様態は全く変わっていない。今後も変わることは決してないだろう。だから、日大とはそういう大学だとしか言いようがないのである。これも敢えて言う必要もないが「何ものか」と寸分の狂いもなく相似形である。

※私は日大とは何の関係もないが、「日大闘争」の中で16キログラムのコンクリート片を4階から機動隊に投げつけ機動隊員を殉職させたという事件が起きたが、ノンポリの集団であった日大全共闘がそのような過激な行為をするはずはないと思っている。このような集団には過激なことする、あるいは過激に煽る敵対する者がよく入り込むのである。実際、これを機に大学に対する抗議に始まった日大全共闘は支持を得られなくなっていったのである。投げたのは誰か、法的に立証はできないが、私には状況分析と想像力で投げたのは誰か、どの立ち位置にいた者かは絞れている。それで充分であると思っている。だから、すべてが案の定なのである。

                                   8/1

 

〇台風12号の在り様は今後起こり得るであろう様々なことを象徴していると思われる。これはたまたま起こった「異例なこと」ではなく、このようなことが「常態化」するということである。「専門家」(?)は「異常気象」であることを強調しているが、もしそうならこの「異常気象」がこれからの通常気象となるということである。煎じ詰めれば、それなりの原因があるから起こり得る結果が現れたということにすぎない。言って見れば、因果応報ということである。

 

〇杉田何某が「生産性がない」云々で問題となっているが、当然であろう。ネオナチが国会議員をやっているようなものである。この杉田何某を推していたのがアベ何某であるが、太田光が「アベさんも生産性がないよね」というようなことを言ってまた問題となっているようだが、現状はここまできているのである。なぜこの程度のことが問題となるのか、そんなことは八百屋のおっさんだって実際に思っていることである。それを素直に代弁しているのが太田であるに過ぎない。太田は少々騒々しいが数少ない気骨のある芸人でもある。

 この杉田何某も国家主義的カルト集団の一員であろう。美辞麗句で飾り立てているが、要するに国民は兵隊蟻と働き蟻のどちらかで、メスは単なる生む機械ということである。それ以外は非生産的な無用のものという捉え方で、言って見れば、自分たち以外の者たちの「非人間性」を歌い上げているのである。

                                                                                                                             7/30

 

〇宗教家を装った詐欺師がいて、政治家を装った詐欺師がいて、装う詐欺師は数知れず、それでは本物か偽物かを見抜くにはどうするか? ほんとうの知性を身に着けるしかあるまい。知性によって打ち鍛えられた感性だけがそれを明確に感じ取ることができるからである。<知識>だけでも、<感覚>だけでも結局はただ振り回されるだけである。そこでは常に稚拙な<感覚>が蠢動していていて「奇怪な様相」にごく自然に飲み込まれることになる。

                                    7/29   

 

〇売文業者は、たわいもない言葉を作ったり、言葉遊びがお好きなようで、一向に深まりようもない思考をカバーするにはそれしかないのであろう。次から次へと安手の言葉を紡ぎだし、わかったようなわからないような物言いで、「もの」、「こと」自体」の在り様を極めて不鮮明にさせている。もしそれが狙いであれば、すなわち確信犯で、金の流れも明確なのである。

                                    7/26    

 

〇しかし、まことしやかに「ささやく」売文業者の何と多いことか。ライトにもっともらしく書いて売る。よく見なくても、置き換え、言い換え、転用、すり替え、不明瞭な言語使用が多いことがすぐにわかる。つい対象読者は?中学生?と聞きたくなってしまう内容である。よくこれで分かった気になるものだとあきれ返っている。売れる本とはライトで何となくわかった気にさせる本のことらしい。罪悪感のないところがまたどうにもならないところであるが、それが単なる売文と言われる所以でもある。

 

〇若い人々が様々な分野で活躍するのは大いに結構なことだが、特にネット関係の者たちで、親しみのあるお兄さん風の者たちがテキパキとまとめ上げる「評論」、「見解」を聞いているとやはりさもありなんと思わざるを得ないものがある。言って見れば、そこには世界観を構成している明確な因子が脆弱なのである。おそらく誰にでも可もなく不可もなく受け入れられるが、ただ言ったまでのことで、数分もするともはや頭に残っていない内容である。

〇これも以前言ったことだが、「ねじれ国会」、「決められぬ政府」、「コロコロ政権が変わるのもどうかと思う」等々と民主主義の根幹も理解していない者が、あるいは反民主主義的な者たちがマスメディアに流す手の込んだ心象操作に乗せられ行き着いたところが現在の強行採決、採択の連鎖である。国民の知らぬところで、また多くの者が反対している法案が、「安定した政権」の下で「ねじれもなく」快刀乱麻を断つ勢いでどんどん決められていくのである。これはもう独裁国家と何ら変わるところはあるまい。

                                    7/22

 

〇「ひととなり」というものが、また悪魔の実態がこれほどまでに露骨に見えるとは思ってもみなかった。「カジノ法案」しかり、売国奴とは誰のことか、火を見るよりも明らかである。何をやっても「お為ごかし」しかできぬ者たちとは、畢竟、亡国の徒にならざるを得ないのである。空疎な美辞麗句をはぎ取れば、「アメリカ合衆国日本州知事」がカルト集団の支援を受け軍産複合体として、国民に「お為ごかし」を言い続けどこまでやれるかというのが現在の実態であろう。

                                   7/20 +21

 

〇神仏習合カルト合体政権には、もともと客観的事実など存在するはずもなく、必要もないのである。自分が信じた「もの」、「こと」以外の存在の有無など無意味、無価値なのである。自分は「悪いこと」など無縁だと思い込んでいる者たちとはいつでも悪魔になり得る者たちでもあることを忘れないことである。要は、今後このような者たちを選ばなければいいだけのことであるが、こんなわかり切ったことができないのはなぜか。正常な判断を狂わせ、あきらめさせる手の込んだ操作が行われているからである。その結果、詐術師たちにいいようにやられているにもかかわらず、貢物まで捧げる民のようになっているのであるから背筋が寒くなる。

                                 2018 7/19                                   

 

〇「現在の温度」は?と聞くだけ無駄、嘘だろうというほど違う。気象庁発表の各地の温度などは実際のその場の温度とは平均+3度~+4度程の誤差がある。それはそうであろう芝生の上1.5メートルの風通しのよいところで測る温度と直射日光を浴び続けている場所、無風の路面の照り返しのあるところでは当然温度も違ってくるのである。例えば「現在の温度39度」と出れば39度の場所にいられる人はまれで、多くは現実的には42度から43度のところにいることになるのである。40度超せば脳はもとより人体の様々な箇所に支障をきたす温度である。現在の古きオメデタイ「基準設定」に基づいて判断していると場合によってはとんでもないことになりかねないということである。それにしても「上」から「下」まで状況判断のできない「指導者」ばかりである。生徒、児童を熱中症で死なせてしまう教師もさることながら、自分のこと以外は全く何も考えていないのであろう。言ってしまえば、高学歴なアホもいれば低学歴なアホもいるというだけのことかもしれぬが、これもまた想像力の欠如のなせることである。

 猛暑日には日に6回も水浴びしてしのいだということが書かれてあった60年ほど前の時期とはもうすでに根本的に違ってきているのである。

                                    7月の猛暑日

 

 

〇どちらにしてもアメリカの「衰退」はトランプに集約され、日本の「沈没」はアベに集約されている。以前から何度も言っているのでエンドレステープの感が無きにしも非ずだが、地震大国の上に地球温暖化による世界的な異常気象で日本の四季などもうすでに存在しないと思われる。今後も現在起こっていることが毎年起こるということは明らかで、その度に各地は大混乱することになるのである。このまま行けば、原油どころか食糧さえ確保できるかどうかであろう。こんな時に「軍備拡張」して何をするのか?何ができると思っているのか。定期的に「異常」災害が起こる上に地震、火山活動による罹災が常に想定される中で見えてくるのはあまりにも天をなめた所行ばかりである。いくら勇ましいことを言ったところですべての基盤になる大地が割れたり、土砂が流れ込んで来てしまってはどうにもならないのである。

                                                                                                                                      7/15

 

〇責任回避を正当化する無責任な「他に適当な人がいない」という選択肢に乗せられて、まったく信用できない男がいつまでも牛耳っていられるという不可解極まりない世界。怪しげな欲望に負けた者たちが日々繰り広げる悪徳の宴、それを支えているのが自分だけは「うまくやっている」と思わされている「人々」でもある。嘘はポーズを生み、ポーズは嘘を生む。嘘で塗り固められた者の行為は畢竟すべてポーズにしかならない。こういう者の状況に対する「認識」などいくら聞いていてもまったく意味がないのは言うまでもない。詐欺師の口上と同様で、その「心地よい」わけのわからない言葉に聞く耳を持てば執拗に入り込んで丸め込もうとするだけ。今宵もSwindlers and liarsの迷曲に酔いしれて奈落の底を彷徨うか。それとも・・・

                                      7/12

 

〇麻原彰晃が何を考えていたかなどは興味もないが、少なくとも、扱い方次第では危険な面を持つ宗教を「最終ビジネス」ととらえていた麻原の行き着いた当然の帰結であるということはいえる。そして、それは「万死に値する」ということである。驚くことは、いまだに彼に謝罪を求めたり、何かを語らせることが可能だと思っている人々がいるということである。麻原が何を考えていたかなどというより危険性もある「宗教」そのものとしっかりと向き合うことが先決であろう。日本の仏教は葬式仏教といわれて久しいが、身近な人、愛すべき人が亡くなった瞬間、人の心に沸き起こるものは何か、それは「無形の何か」にすがるような思いであろう。それは普段いかに威勢にの良いことを言っていたにしても、クールでドライであっても明確な世界観がない限り、そのような「無形な何ものか」にすがるより手立てがなくなるほど人間とはもろいものであることの証にもなる。以前にも、何か不幸に見舞われた家があると、そこに足しげく訪れ「折伏」と称し勧誘して信者を増やしたカルトもあったが、誰でも起こり得る耐え難い嗚咽の中で生じる「隙」に乗じて入り込むのが「最終ビジネス」でもある。麻原は、自分の罪を逃れるために「部下の暴走」と供述しているようであるが、これもまたどこかと相似形なのである。

 また、よく「高学歴」な者たちを巻き込み云々といった内容もみられるが、これもまた的外れなピンボケ視座である。彼らは思考的に鍛錬されていない、「高学歴」であるだけに過ぎないのである。一々列挙しているときりがないが、テレビの「公開処刑ショー」もさることながら、「死刑執行」前夜に法相たちと乾杯している「内閣総理大臣」とは一体何者なのかと改めて問いたくなる。やはり「神経」が尋常ではない。異常なのである。とても先進国と言い得る文化レベルにはない。

                               2018 7/8

 

〇「作家はデタラメなやつばかり、知識人扱いはしない方がいい」とエンターテイメントに「徹した」職業作家が言う。確かに一理はある、が、デタラメなのは作家ばかりではあるまいと、言わずもがななことをまた敢えて言いたくなるほどどの分野にもイイカゲン、デタラメな者が多過ぎるのが昨今でもある。そもそも「知識人」と言い得る者がどれほどいるというのかということにもなる。私はこれほどまでに「知識人」と言い得る者がいない、あるいは影をひそめてしまった時期は珍しいと思っている。

 

〇「バカの壁」などというものは、いつの間のか言っている本人自身がその壁を作り上げ、そこに陥っていることがある。「バカの壁」を1ミリたりとも作らないということは、生き続ける限り際限もなく続く「検証」と「確認」が必要であるということである。ある対象を「バカの壁」と言った瞬間に自分にもその壁を築き上げる下地ができてしまったと思った方がよい。そうではないから、それとは気づかず自らの「バカの壁」を露呈してしまうのである。

                                        7/1

 

〇「反知性」派?反知性ではあるまい。反知性というのなら「知性」というものがどのような「あり方」をするかある程度わかっていなくてはならない。そうではない、その実態は単なる知性の欠如、前頭葉機能不全である。それは「個」の発育不全ともいえる。すぐにたわいもないことで群れ集い押し流されるばかりでは、象をなでる群盲と同様わずかな路面のうねりにも足をとられことになる。自分自身で「こと」そのものを見て「もの」そのものをしっかりととらえるしかあるまい。

                                      6/24

 

〇便乗商法、物まね商法などどれも能なしの能一つといったところであろうが、便乗「政法」なども全く同様である。毎度、表舞台に立った者たちといつの間にやら奈落の底から上がってきて記念撮影である。人気にあやかりたい、選挙に勝ちたいただその一念だけで実際に表舞台に出てきた者とは何の関係もないことは言うまでもない。このような安易な票稼ぎが際限もなく繰り返されているのである。理念も恥も外聞もない逃げまくりのやった振り政権ではこれ以外欺く印象操作がないのであろう。確かなことは、彼らが目指しているのは民主主義国家ではなく全体主義国家で、個人の尊厳などまったく眼中にないということである。腹の内を隠すための人気取りのパフォーマンスしかなくなっているのである。

                                   2018 6/22

 

 

  2 3 4 5 6 7 8 9 10 11